じいちゃんと甘夏マーマレード

じいちゃんと甘夏マーマレード

全国で緊急事態宣言が解除されて、少しずつ日常が戻って来ているのでしょうか?

この移行期間は、不確実な事も多く、不安定になりがちなのですね。

私は、仕事場も家もここ国立市にあるので、普段の交通手段は歩くか自転車。

ワークショップもほぼウェビナーな今は、町をでる必要性を感じないので、ほかの町の様子もよくわかってないですが。。。

唯一、一人暮らしの父に会いに福岡に行くくらいで、この前もひと月ぶりに公共機関を使いました。。。

そしてまた来週実家に帰るのでセッションはお休みさせていただきますが、公共機関を使うのもそれ以来初めてだー。

ここ数年で初めて、家にいる時間が増えて、ベランダ園芸にハマりつつあります。

今まで何度も挫折した生ゴミ堆肥にまた取り組もうとしていて、EM菌を取り寄せて、糠と混ぜて、ぼかし作りをしたり、ついでに糠漬けにも手を出してしまいました。。。

糠漬けも何度も失敗したのですが、やはり生糠で作る糠漬けはすごく美味しい!今まで「ぬか上手」みたいな出来てるぬか床を使ってたのはなんだったのか???ってくらい美味しいです。

クライアントさんに、とても良い日本酒を置いている酒屋さんの奥さんがいらっしゃるのですが、そこに生糠が置いてあります。その値段なんと500g50円。。申し訳ないくらいのやすさ。で超おいしい!

来週いく、実家の植物たちはどうなっているかな~~。

先月も日中はほぼ外にいて、草取り、草刈り、枝の剪定などやって、筋肉痛に。。。。

特に何の世話もしていないのに、沢山の実をつける甘夏の木さんが愛おしくて、今回は剪定に手を出しました。

実は私も父も酸っぱいのが苦手。。。。

こんなに実をつけてくれているのに、あんまり食べないから減らないのです。

近所に配ってもまだまだ余りある甘夏さん。。。。

帰るたびに甘夏マーマレードを作るのですが、一回に作れる量も限りがあって。。。

この前も今年3度目のジャム作りをしましたー。皮はもちろん、果肉も入れるので水分がかなり出ます。

コトコト煮るので時間もかかる。。。。火にかけつつ、疲れたというと父が風呂入れば?というので、火を見てもらうように頼みました。

お風呂から上がると、「もう出来た」と父。めちゃ強火で煮たらしくオレンジ色で綺麗だったマーマレードが、茶色になっている。。。あーーー!もう!ってほとんど口から出かかりましたが、あと少しの事で我慢しました。

父は、昔から率先して家族のために家事などをやってくれる人でした。

母の介護を一手に引き受けるだけでなく、もっと若い時から、「これ食べたいな」とか言うと作ってくれたり、先回りして準備してくれたり、そい言う優しさのある人なのでした。

年を取って動きが緩慢になって、食事の準備もやる気が起きない、、、ってなっても、人のために動ける父にジーンとしてしまいました。

仕事柄色んな高齢者の人と関わりますが、認知症で身の回りのことが出来なくなっても残っているおじいちゃんやおばあちゃんの優しさや温かさには、ほんとに胸キュンしちゃいます。

私なんかまだまだですが、おばあになったら、そうありたい。。

今月は多分梅の実が完熟になっているはず!実は梅干しもあんまり好きじゃないのだけど、梅仕事、しようかな~~。

また帰ってきたらセッションにいらしてくださいね。

Stay home 近況など

Stay home 近況など

今日は満月ですね。昼間風がつよかったせいか、月がきれいです。みなさんいかがお過ごしですか?

ナンディルームのクライアントさんや、友人たちや、今までお会いしたことのある縁のある方たちの顔を思い出して、無事であるように祈っています。

私はといえば、こんな余裕ある日々久しぶりです。

ゴールデンウィークって温泉とか山歩きとかしたくなりますが、Stay homeでのんびりしています。

といっても細々とですがセッションはしていますが、例年よりかなり少ないので、その分家にいることが多いのです。

だったら掃除とかすればよいなとか思うけれど、そういう気にもあんまりなれず、やはりバイト先が休業中で、家にいる大学休学中、自分探し息子(20歳)と家族ごっこ?してます。

先日「ご自由にお持ちください」でもらってきた「モノポリー」を昨日は二人でやりました。ボードゲーム、、、、二人で楽しいのか???って疑問もありつつも、もうこれがめちゃ面白かった!

あっという間に2時間以上やってた!モノポリーって初めてやったけど、「世の中は金次第だぜ!」っていうすごろくゲームで、土地を買ったり、そこに家を建てたりして、人の土地や電力会社や水道局!に止まると、お金払わなきゃいけなくて、今のコロナの現状とシンクロすることもあるような、、、。

ゲーム上ですが不動産って儲かるのね、、、。息子はホテル建てたり、土地買ったり、入った分だけどんどん使っちゃうのは、日常生活と同じでした!

最後は私が破産して負けました。。。

2人でひーひー笑いすぎて、かなり免疫力上がった気がします。。。

今日は午後早めに帰ってきたら息子がベランダをちょこっと片づけて、そこに椅子を置いたりして雑然としていたベランダがそれだけで居心地が良くなってました。

なので気を良くして久しぶりにチャイをいれました。

2人でのんびりチャイタイム。片づけられない息子を叱ってもうまくいかないのだけど、こんな風に居心地の良さを味わうと、張り切って片づけようとするから人間ってやはり自発的な動きの生き物なんだなあと。

小さくても、ほんの些細なことでも、全ての人にホッとするひとときがありますように!

チャイ

 

自然界に触れる

自然界に触れる

コロナでなかなか家から出れなかったり人と触れ合ったり出来ないと、人は自然界に触れたくなるのか?

なんだか最近花とか庭いじりとかをしたくなってます。

先日実家に帰った時は(必要性もあるけれど。。。)庭の落ち葉掃きと草取りで一日中外にいました。

そして夜は9時には寝ちゃうという暮らし。

新緑の季節は、外にいるだけで健康になってしまいそうな感じ。

そして、取ってしまうのが申し訳ない野草や野の花が可愛いらしくて、あんなにもじゃっとしているのに、全然はかどらなかったのでした。

来月も、無事に行けますように

今まで父が1人で外仕事をして来た庭や畑は、父が外に出て動くことが困難になって来たから荒れつつあります

今度は私がここをナンディガーデンにしたいな。

生き残ったり、枯れちゃったり、増えたりする花や木を見ながら、妄想が広がって行くのでした。

国立のナンディルームに生えてるジャスミンもそろそろ花が咲きそうです。

コロナに怯える人間界をよそに、植物は命を全うしていきますね。

今は会えない皆さんもほんとに元気でいて下さいね。

心から祈ってます。

コロナウイルス騒乱に寄せて

コロナウイルス騒乱に寄せて

今、北九州空港からフライト中です。

経営破綻しちゃうんじゃないか?ってくらいのガラガラです。

ひま過ぎるからか?横断幕を数人で持ち、離陸の際はそのまま行進してましたー。

現場の方、本当にご苦労様です!

コロナウイルス蔓延に関して、学校の休校や、外出の自粛など、それをどう捉えるかは、それぞれの立ち位置や、状況によって異なると思います。

確かに高齢者、持病を持つ方、免疫力に自信のない方は、出来るだけ人の集まるところに行かないのが賢明だと思います。

このコロナウイルスには、未知の部分が多く、人口的に作られた説もあるし、潜伏期間も長い。

毎日毎日どこで誰が感染したというニュースは、百害あって一利なしだと思いますが、心理的にもかかりそうになってしまいますよね。

インターネットでも、散々色んな説や意見や、情報があると思うので、ここではあえて触れませんが、施術する立場として自分が何を発信出来るか、そしてサポート出来るかと思うと、一番伝えたいのは、まずは落ち着きましょうという事です。

不安はいつもどこかにある事と思います。

でも、その不安に全てを乗っ取られているわけじゃない。

毎日、どこか静かな空間をみつけて、自分自身が自分を感じれる助けになる事をやって下さい。

ここでは、ゲシュタルトアウェアネスプラクティス(GAP)でベーシックプラクティスと呼ばれている、呼吸に気づくシンプルな実践を紹介します。

まずは、自分自身の座っている場所を感じます。お尻が畳や椅子の上に乗っている感覚を感じます。

そこから、吸う息と吐く息の両方を感じます。

外側から空気が入ってきて、内側から外に出て行った空気が外の空気と混ざり合う、それをそのまま感じます。

特に大きくて良い呼吸しようとはしません。

あるがままの今のそのままの呼吸に気づきます。

それを変えようとはしません。

あるがままの呼吸に気づく事を5分間やります(タイマーをかけておくと便利です)

もしも、自分が呼吸以外の何かしらのこと、それは身体の感覚だったりあるいは外側起こっている音や見えているもの、匂いや触覚などに気づいていたり、何かを考えたり思い出したりしている事に気づいたら、それに気づいてこんにちはと挨拶して、また呼吸に気づく事に戻ります。

そうして、ただ呼吸に気づく事にくつろぎます。

ぜひ、日々やってみて下さい。

私の経験から言うと、感染症にかかる時は、あとか考えると、気力体力が充実してなかったなあと思います。

かつてマラリアになった時は(規模がアジア過ぎるけど)旅を続けて1年が過ぎて、新鮮さがなくなって、体力も落ちて、失恋もしてぱっとしない時期だった。

当時23歳で若くてぴちぴちしてたはずだけど、気分は老人めいていた。

数年前に初のインフルエンザになった時は、息子がかかったせいもあるけど、12月でめちゃくちゃ忙しくて、でも止まれずに、インフルエンザにかかった時は、これでゆっくり眠れるとちょっとホッとしたくらいだった。

しかし、インフル、寝てたらあっという間に治ってしまって拍子抜けだったけど。

だけど、何かにかかるとき、そう言う時は確実に免疫力が落ちています。

忙しくて疲れていると、自律神経が正常に働きません。

気を抜くと、ふっと何かに入られてしまいます。

安定した食生活はもちろん大事ですが、睡眠も充分にとって下さい。

それも良い質の眠りです。

そして、くれぐれもスマホを枕元に置かないように。今時あらゆるところに電波は飛んでますが、置くなら電源を切って下さい。

なんだか当たり前のことばかりで申し訳ないけど、陽の光に当たったり、可能な人は適度な運動をして下さいね。

ナンディルームでは、特別にいつもと違う事はしませんが、通常通り営業しています。

(今日まで、母の一周忌で実家だったのでお休みでしたが)

疲れた方は、ポーテンシーあげる為にも来てくださいね。

もし、マスクして欲しければ遠慮なく言って下さいませ。

怖れ過ぎず、適正にガードしつつ、自分のケアをして下さいね。

2月総まとめ。

2月総まとめ。

あっという間に2月が終わってしまう。。。。

なんだか最近いつもそんな感じです。

2月は怒涛の日々でした。今やっと落ち着いて、実家に向かい中です。

明日は、母の一周忌の法要なのです。

早いものです。

一年前の昨日は、心臓が止まってしまった母に会うべく、泣きながら飛行機に乗ってました。

あれから一年、コロナウイルス騒ぎで、飛行機はガラガラ。。。

すごく落ち着いて、フライトを楽しんでます。

コロナウイルスについては、色々思うところもあり、後日書くことになると思います。

ニッパチは商売は暇なのが通説ですが、2月は個人セッションも多かったし、バイオダイナミクスの協会主催の勉強会でのクラスもやったし、フラワーエッセンスとバイオのコラボセッションに茅ヶ崎にも行きました。

そして、確定申告の時期でもあったので、夜な夜なコツコツレシートを整理したり、書き込んだり、電卓をパチパチ打ったりしてました。

そう、私はエクセルが使えないのですーーーー(涙)

今年も青色申告ソフトダウンロードしようかな。。。とか思って手に取ったものの、めくってすぐに挫折してやはり手書きを貫くことに。

でも年々e-taxの優遇度が上がって来てるので、いつかは手書きを卒業するのかな。

でも、この時期新しい事が入る脳のスペースはないのかも。。。。

と言いつつも、2月には毎年恒例のカキフライパーティー(大量の揚げたてカキフライを食す会)や手相パーティーにも参加しました。

手相は、震災後に一度見てもらった事がある吉原さんに再び観てもらうことに。

アーティストのBebeちゃん宅で、美味しいものを食べたり飲んだりしながら。

震災後の2011年に見てもらった時は、教える事に向いているからどんどんやった方が良い。と言われたのですが、確かにその後、GAP を教えたり、ワークショップをやったり、これはないだろうと思ってたのにバイオも思いがけずアシスタントなんかをやる事になったり教える機会が増えているような気がします。

自分の道に沿った生き方をすると上手くいくと吉原さんは言ってたけど、確かに自分が望んでそうなっているというよりは、するするとそこに導かれている気が。。。。

(ちなみに、2011年に見てもらったとき、一緒に見て貰った男性は、もうすぐ結婚するかもしれないといわれ、その時お付き合いしてたわけじゃなかったのに、ほんとにあれよあれよと言う間に結婚したのです!)

そして、そこで驚愕の事実が!

なんと私、天中殺らしい、今年来年。

しかも運気は好調期で良いらしい。。。

なので動きたくなるのだけど、現状維持で。と言われてしまった。

天中殺って、竹の節の部分のようなもので、今までスーッと伸びていってたのが止まる時期らしい。

実は、今年新しい動きをしようと思ってたのだけど、それを聞いてすごく腑に落ちたので、アッサリそれは引っ込めましたー。

やろうと思っても前にグイグイ進む感じじゃなかったので、今はやめようと決めたらホッとしたのはやっぱり時期じゃなかったのかも。

そういう時は、勉強したり、リサーチしたり、貯める時期だと言われたので今年来年はそういう時にしようと思う。

そんなこんなで、今年の方針も決まったり、なんだか濃くて、ぎゅっと詰まったような時期だったのです。

それぞれのイベントでも、それぞれ色んな気づきや発見や、ぎゃっ!って事もあったのだけど、書けるかなあ。。。

するすると

するすると

現在休学中のドラ息子(20歳)が熱を出した。

この時期、必ずお約束のように熱をだすのです。

そして大体熱があって具合が悪くなると、布団の中で「苦しいよ~~、たすけて~~」って感じで唸りだすのですぐわかるのです。

朝方あまりに唸るので、バイオをやるため頭に触れる。そんなに熱くない。熱はそんなに高くないけど、とにかくゾクゾク嫌な感じらしい。

バイオダイナミクスでは、患者と術者がハートとハートで共鳴して、すでに起きている治療に参加するというのだが、触れた瞬間に息子のハートがぱかっと開いて、するすると必要な場所に連れていかれ。

そして頭の中心がばばばっと熱くなって、「熱い~~」というと、ドバドバ汗が出てきた。

それがあまりにするすると、短時間(2分くらい?)で起きたので、驚いてしまった。

子供の頃は、ちょっと具合が悪いと「かーくんやって~~」っと触られたがってた息子も、今では嫌がってやらせてくれないのだけど、こうやって熱を出したときは素直にやってもらいたがる。

熱がこもってなかなかでない時に、こうやってドバっと熱を出すのに、第3脳室のイグニッション(着火)が有効なのだけど、こんなに短時間ではっきり、こんなに熱くなったのは初めてだった。

そして触った瞬間にもうハートがぱかっと「やってくれるのね、待ってたよう~~」って感じで開いたのも驚きだった。。素直。。

先日の子供のバイオの時に、「こどもは、リージョン(病変)を自分のものだと思ってないので、とってくれるならとって~~、ってとなるけど、大人は、その病変を自分だと思ってるから、なかなか手放さない」という話をしていたのを思い出してしまった。

話はちょっと変わるけど、先日実家に帰った時に2階の大量の荷物の片づけをしていて、今の息子と同じ頃に私が書いていた日記を発見してしまったのだけど、好きな男の人の事と、人間関係と、当時アートを学んでいたのでその事と、とにかく「えっ??」ってぐらい悩んでいて暗かった。。。

人の内面はわからないけど、息子を見ていると、なんか素直だなーと思う。あのハートがぱっかり開いているような感じとか。。。

写真は先日の成人式の写真。自分で古着を買ってきて、こだわりの成人式のスーツらしい。私は自分も成人式なんて行ってないしノータッチだったんだけど、当日に「かーくん(私のこと)成人式にお祝い金くれないの?」と言われて、「えっ?そんなもの親があげるんだっけ?」というと、「成人式、お祝い金、親でググって。」といわれ、googleで調べて「必ずしもあげるわけでもないよ」というと、「成人式、親、お祝い金、金額でググって!!」と必死の形相でいわれ、その迫力に気おされてついお祝いお金を渡してしまったのでした。。。。