新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます!

早いものでもう七草粥も終わりましたね。

私は新年1日は毎年恒例の、近隣の友人たちと我が家新年会でした。

毎年割と真面目におせちを作るのですが、今回も大みそかに朝からガンガンおせちを作ってました。

数の子、お煮しめ、なます、田作り、黒豆、栗きんとん、焼き豚、などなど。。。

ただ今年は栗きんとんの裏ごしはパスさせてもらいました。

実は裏ごし大の苦手(ちなみに大根おろしもかなり嫌い)地道にごしごしとかが苦手なのかも????

なめらかさには欠けるものの、美味しく出来たので来年からは裏ごしFREEにしようかな。

今年は大掃除が間に合わず、新年会はセッションルームで行いました。マッサージテーブルの上で。

治療から食卓まで便利だわ、マッサージテーブル!

新年2日は、ipadに取りためた写真をパソコンに取り込む作業をやりました。

ずっと手つかずで、溜まり切ってたので。

そしたら容量が空いたので、パソコンにつないで何の気なしに新しいOSに更新をしたのですが、それが。。。。。更新に失敗して何をやってもipadが起動しなくなってしまったのです。

私はガラケーとipadの2台持ちなので、ipadが使えなくて家のパソコンでしかメールとか見れないのは、不自由極まりない!

appleの遠隔電話サポートも試したけどダメで、appleのお店は予約でいっぱいでとれず。

そうしているうちに自分がどれだけ、ネットに依存していたかがわかってきました。

用もないのに開いてフェイスブックやツイッター見たり、メールチェックしたり。

ほんの10数年前にはケータイも持ってなかったのに。

そうすることで、自分を忙しくしていたことを反省。。。。

数日後に近所のお店で直してもらって、今は復活していますが、ネットとの付き合い方を見直し中です。

そんなに繋がらなくてもいいよね~~と今は距離を置いてます。

すろーで行こう!が今年のスローガンかな、、、今年の始まりからなんだか飛ばしてる気もしますが。

そんなこんなですが、今年もナンディルームをどうぞよろしくお願いします。

スローな時間を過ごしに来てくださいね。

 

共感セッション

共感セッション

年も押し迫った先日、共感セッションを受けました。

プラクティショナーは福岡県赤村在住JIN Akira さん。

スローでオーガニックな暮らし方、仕事をサポートするスロービジネススクールがご縁で知り合ったのはもう10年以上前です。

ごとーさん(と私は呼んでいいます)も私の中では学びを実践する人。昨今はNVC(非暴力コミュニケーション)を深く学んで、それを暮らしや社会に活かしている人です。

飄々とした風貌と在り方ながら、芯の通ったお方。

ワークショップもやっています。

赤村でクリキンディーと言うオーガニックcafeをやっていた頃は、コーディネートしていただいて、何度か私もワークショップもやらせてもらいました。

赤ちゃんが生まれた時は、家族セッションもやらせてもらったり、福岡の大切な友人になってます。

その彼の共感コーチング「自分を共感で包むギフトセッション」100人ギフトセッション

を受けてきました。といっても赤村とのビデオ通話。

「ビデオ」というところに一瞬ひるみかけましたが、電話より、顔が見れるのがライブ感と安心感につながるというのがすごく良かったです。

お題は、仕事のことで、自分がずっと抱えていた課題について。

それに向き合わねば!と思いつつ、面倒だったり億劫だったりで、隅っこに置いていたことに向き合いました。

ごとーさんが自分のそのままを受け止めてくれて、そしてそれを鏡のように返してくれることで、自分自身が開いていく。

まずは、自分を変えようとするより、自分自身を良く知る。GAPにも通じるその在り方がいまここにいるためのアンカー(錨)になってくれました。

自分で自分の課題に取り組むのもよいけれど、誰かのサポートを受けるのは自分にとても必要なことだ。とそう思えました。

受け止めてくれつつ、私の全体から出てきたことを踏まえての新たな提案もあったりして、来年に向けて新しいビジョンが浮かびつつあります。

ごとーさんの聞き方から、私も学ばせてもらいました。私もこんな風に人を、そして自分自身の声も聞きたいなあ。

共感セッションお試し無料セッションまだやっているようです。

興味がある方は是非!共感コーチング→http://beart-nowhere.net/empathic_coaching/

 

ブログをご覧のみなさま、セッションに訪れていただいたみなさま今年一年ありがとうございました。良い年の瀬をおむかえください。

来年またお会いできるのを楽しみにしています。

 

懐かしの場所

懐かしの場所

12月17日は、かつて良く行っていた西荻のレゲエバーにて、とある人の命日でした。
亡くなってから20年も経つらしい。

毎年命日に行っているライブに「ひろみちゃん、バンスリ(インドの笛)吹いてみない?」とインド友達に誘われたので、20数年ぶりにディープスポットバボイの青い扉を開けました。。

店主おねえに会うのも超久しぶりで、20代の頃インドと日本を行き来していて西荻に住んでいたころ、夜な夜な飲みに行っていたバボイ。

亡くなったそのお方に色々突っ込まれては、終いには私はいつも泣いていた若かった私。
泣くくらい突っ込んでおいて、最後には励まされてまた泣いてしまうのだ。。

バンスリも、最近吹くのを復活したとは言っても、息子が産まれてからはほとんど手つかずだったので、人前で演奏するのも超久しぶり。
ディープスポットのぎゅうぎゅうな店内で、ディープな人たちに囲まれて、唇がぶるぶる震えて、音がかすれて割れて演奏はもう散々でした。
亡くなったあの人が絶対来ている店内で、ディープなみなさんの温かなまなざしに、またも泣かされそうになる。

自分はさておき、ディープな皆さんの全ての演奏、もうかっこよすぎた。しびれた!!!

 

懐かしすぎて、楽しくて、煙に燻された一夜だった。
人生ってあっという間に過ぎてしまうのね。
そして音楽っていいなあ。。

 

 

冬の我が家

冬の我が家

今年最後の実家に帰っていました。

足が悪い父が「今切っておかないといつできるかわからん。。」とスイッチが入ったらしく、広ーい実家の木をのこぎり一本でせっせと切ったらしく、すっきり景色が変わっていました。

呼吸不全の母は、日々少しづつ状態が悪化していくのが本当に切ない。

足腰が弱ってしまって、トイレに行くのも必死の母ですが、頭は冴えわたるほどクリアーで(酸素吸入しているせいな気がしますが。。。)昔のことなど私よりも覚えている。

今回も大掃除をして、毎日母にセッションをしていました。

もう絶対着ないだろう、、、という母の服が全然片づけられず放置してあるので捨てたいのだけどモノが捨てられない母は「私が死んでから捨てて」というのでどうしようもありません。

子供の頃は色々けち臭い母がすごく嫌だった。でもこの年になると色々親心や老いていくことへの共感もあるので、なんにもいえず母のやりたいようにしよう。。。と文句を言いたい気持ちをぐっと我慢。

器用な父が70台の頃に1本の楠の木から夢中になって彫っていた地蔵(願掛けさんらしいが)、来る人にあげたりしていたがそれでもまだたくさんある。友人が欲しいというので聞いてみたら、2階の段ボールに無造作にゴロゴロしていた。。それにしてもでかすぎて持って帰れない。

木を切っちゃって、向かいの家が見えるようになってしまった。。。

東京と30分以上も夜明けが遅いので暗いうちに起きだして、毎日の散歩コースを歩いていました。

40~50分くらい歩くのに会うのはいつも3人くらい。

本当に人口が少ない。。。。

東京にいると人の多さに自分のエネルギーフィールドも小さくなってしまう気がするのですが、ここでは十分に広がっていたようで、東京に帰ってきて外を歩いていたら自分の感じられる領域が全然違っていたので驚いてしまいました。

個人さはあると思うのですが私はやっぱり自然がたくさんあって、人が少ない場所が好きだなあと。

自然の中で、大好きな犬や動物に囲まれて、セッションするのが理想。

人生どんどん忙しくなってきている気がするのだけど、私にそんな老後はやってくるのか????

 

 

 

ガンジスに還る

ガンジスに還る

先週、インド友達と「ガンジスに還る」という映画を観に行きました。インドのガンジス河の流れる聖地バラナシが舞台の映画。

夢を見た、自分はもうすぐ死ぬというおじいちゃんが、バラナシのガンガーのほとりにあるムクティバワン(解脱の家)という死を待つ家に行く。

それについていくサラリーマンの息子と、その家族を描いた映画。

この映画があまりにラナシ過ぎた。。。

懐かしさにあっと言う間にタイムスリップして、画面の中に完全に入っていってしまった。

バラナシは1年以上を過ごした場所で、インドで一番好きな場所。

焼き場のある、ハリスチャンドラガートのすぐ近くに長くいたのです。

最近、インドで学んでいたバンスリ(インドの横笛)をちょっとずつまた吹き始めたのもあり、本当にタイムリーな時に見た映画でした。

バラナシは、観光化を推し進める政府の方針で、もう何千年も前からある街並みを壊して再開発しようという動きが始まっていて心を痛めていたところでもあった。

最後にバラナシに滞在していたのは20年前。なんとその時は妊娠中だったのですが。。。

冬のバラナシで、毎日カレーを自炊しつつ、毎日バンスリを吹いて、朝と夕方、ガートに散歩にいって、朝日と夕焼けを見ながらチャイを飲んでいた懐かしい日々。

12月に「壊れる前のビシュワナート(ゴールデンテンプル)の周りの小道に別れを告げに行きませんか?」というお誘いは、流石に急すぎて断ったけれども、来年あたりにはインドに行きたいな。。。と密かにインド熱が高まっている最近なのです。。。

 

満月瞑想

満月瞑想

木曜は満月でした。最近よく会っている瞑想仲間と、今度は外でやりたいね!ということで、満月アウトドア瞑想会をやりました。

昭和記念公園は5時までだから外の芝生でやろう!ということだったのですが、下調べしてなくて行ったら外の芝生もなんと5時まででした。。。とほほ~~涙。

急遽ドナドナ状態で移動した場所が、まさに導かれたように素敵な人もほとんどいない場所で、茣蓙やヨガマットを敷いておやつを食べてから、瞑想しました。

瞑想中に、木の間に隠れていたお月さまが上がってきて、目を閉じていても明るいくらいのひかり!

外にいるとなんだかいろんなことがどうでもよく、大したことないように思えてきて、ただただ今この瞬間に満ちていくのでした。

私たちの日々は本当にどこまでも忙しく電気の光でまぶしすぎる。

夜の暗さが、そして静けさが生き物としての存在を思い出させてくれる。

オステオパシーを作ったDrスティルが、1900年初頭に「もっと森を歩きなさい、みんな忙しすぎる」と言ったように(パソコンもTVもない時代に!!)私たちはあまりに先を急いで頭が忙しすぎるなあと。

そのあとは、自分たちのお互いの体調に合わせて交換セッションをしあいっこしました。

今度は、外で鍋&瞑想とかやりたいなあ。。。

暗闇セッション
暗闇セッション