GAP1ディzoomクラス「グリーフ&サポート」

GAP1ディzoomクラス「グリーフ&サポート」

昨日春分の日は、GAP(ゲシュタルトアウェアネスプラクティス)の遠隔zoomクラスでした。

今回、コロナ問題で講師のクリスの1年ぶりの来日が叶わず悲しい思いでしたが、zoomというツールを使って遠隔ウェビナー開催の運びとなりました。

パソコンやiphone,などのツールを使って、それぞれ離れたところ(在宅で)繋がり、みんなの顔が見れます。

身体感覚を使う事、「今ここ」そしてグループでの輪を大事にするGAPを、どこまで体感できるのかな?と少し懸念もあったのですが、かなり良かったです。

久しぶりにどっぷりクリスのワークを体験できました。

そして、今のような「人が集まれない」状況においても、それぞれのつながりを感じたり、今この瞬間に十分に居続けることが出来る時間と空間をグループで体験できることの大切さを味わいました。

このzoomでは、参加者が小部屋に分かれることもできて、ペアワークもできるんです!これが画期的に感じました。

なので、レクチャーだけでなく体験的なワークも充分できます。

今回のテーマはグリーフ(悲嘆を嘆く)だったのですが、グリーフは自然にあることで、それはヒーリングのプロセスであるということがまず前提としてあり、それは亡くなった人に対することだけでなく、あらゆる変化に当てはまるという事。病気や、加齢、今まで出来ていたことができなくなるなど。

午後の時間は、過去には充分それに向き合うことが出来なかったことに出会っていきました。

それが一人ではなく、自分自身を感じながらもしっかりと聞いてくれる人がいるというのは本当に豊かな時間でした。

私は、一周忌を終えた母のグリーフが出てきました。

子供の頃から人一倍感情を強く感じて、怒ったり笑ったり悲しんだり。しかもいつまでもそれが続いてしまう。

それに対して、自分がストッパーをかけていたことに気づきました。

「いつまでもそんなに悲しんではいけない」と

探求を始めたら、自分が小学生くらいの子供に戻ったような気持ちになって、自分のことを気にかけてくれている存在がもういないことがとても心細く感じました。

母に直接話しかけてみたら、「お母さん」っていう言葉がどんどんでてきて、母に「お母さん」っていいながら、とめどなく涙が出てきました。

もう肉体的に私がお母さんと呼べる存在はいないんだな。。。と後から改めて思いました。

母に「お母さんが良いお母さんじゃなくても、どんなお母さんでも、お母さんに居てほしい」という言葉が出てきて、それを母に(目の前にあったのが丁度ノートだったので、ノートの母に)言うことが出来ました。

それは、母である自分に向けた言葉でもあるのかもしれない。

母への赦しと、母である自分への赦し。

私にはこんな時間が必要だったなとしみじみ思いました。

コロナのおかげで仕事が減ってたりして、いつもよりも自由な時間が取れて、それはそれで自分には必要な癒しの時間かもしれないと思うようになりました。

クリスの言う、どんな悲惨な状況においてもそこになんらかの良い点、価値があること、得るものがあるということ。

そこに気づくことで、やはり人生が豊かになるなあ。。。。

来週は5日間の在宅リトリート!少人数でじっくり毎日プラクティスが出来るなんて、超幸せです。

また色々報告しますね~~~。

 

セッションスケジュール1部変更のおしらせ

セッションスケジュール1部変更のおしらせ

昨日は、東京では雪が降りましたね。桜が開花しそうな勢いでの雪!ほんとびっくりです。

生きていると色々なことがありますが、情報化があまりに進むと生の感動が薄れる気がします。

綺麗な景色を見ても、まず写真撮ろうとか。。。。

コロナウイルスの件も、恐れのほうが蔓延してしまっている気がしますね。

うつりそうで呼吸も浅くなっている気がします。

大きく深呼吸!ふ~~~。

さて、GAP(ゲシュタルトアウェアネスプラクティス)のクリス来日延期でのセッションスケジュールの変更ですが、来日は延期になったのですが、クリスがzoomを使って、ウェビナーでのオンラインのクラスをやってくれることになりました。

1ディもですが、リトリートも元は5泊6日の秩父合宿が5日間の在宅クラスになります。

初めて家でのオンラインクラス!ワクワクします。

ということで、やはり来週はお休みが多くなってしまうのですが、21(土)と29(日)はセッション可能になりました。

何もかもが一旦停止しているような日々ですが、自分自身のからだや心を充分感じる時間を作りにいらしてくださいね♡

GAP(ゲシュタルトアウェアネスプラクティス)ワークショップ延期のお知らせ

GAP(ゲシュタルトアウェアネスプラクティス)ワークショップ延期のお知らせ

三月後半に予定していた、クリスティンプライス来日によるGAP(ゲシュタルトアウェアネスプラクティス)ワークショップは9月以降に延期になりました。

ぎりぎりまで来日の可能性を探っていましたが、クリスの状況は↓

コロナウイルスに関するアメリカ政府の政策により、私がアメリカを出国し戻ってくる際に検疫として二週間隔離される可能性があり、そのような状況に陥るリスクを取れない事情から止むを得ない延期です。

ということで、今回はやむなくキャンセルになりました。

初めて参加の方で、来日ワークに申し込んでくださったみなさまには、大変申し訳なく思います。

私も5泊6日の秩父合宿を含め一年ぶりの来日を楽しみにしていたので大変残念です。

生のクリスと会うことは叶いませんが、その代わりにアメリカのクリスとzoomで回線をつないでの、遠隔ワークショップの可能性などをスタッフで話し合いをしています。

はっきりしたら、お知らせをしたいと思います。

それによって、ナンディルームの三月後半の個人セッションスケジュールはお休みになっていましたが、、ご予約が可能になることもあります。また決定しましたらお知らせしたいと思いますので、しばしお待ちください。

コロナウイルスによる影響が個人にも及んでいるのがひしひしと伝わってきます。

クライアントさんたちのからだの変化でそれを如実に感じました。胸郭がぎゅっと縮こまっていて、閉塞感や不安が、エネルギーボディを小さくしている感覚があります。

きっと私の呼吸も浅くなっていると思います。

一日の中で、何度か大きく深呼吸をするのをオススメします。

あと、アーとかオーとか声を出しながらなるべく長く息を続かせることも。吐くと呼吸は入ってきます。

あとため息をつくことも!

ひとつひとつの変化に呼吸を忘れずに居たいです。

子供のためのバイオダイナミクスを終えて

子供のためのバイオダイナミクスを終えて

先週は、4日間の「子供のためのバイオダイナミクス3」のセミナーでした。

その名の通り、子供さんや赤ちゃんへのアプローチを学ぶクラス。子供バイオは3までなので、今回で終わりになります。

産道を通り抜けるとき、かなりのチャレンジを赤ちゃんはしている。その圧迫や圧縮を早い時期に取り除いてあげることが、その後の成長、発達の助けになるという。

私も赤ちゃんの時に受けたかったなあ。。。と思う。

講師のトムも、「自分も子供の頃に長軸の圧縮を取って欲しかった!」と言ってました。初産でお母さんも若かったからかなりの難産だったらしい。

赤ちゃんは、エゴがないから、病気を自分のものだと思ってないので、「とってくれるの!じゃあ取って!」って感じなので、やりやすいともいう。

大人は病変部分も自分のパーソナリティだと思っているので、手放したがらないとも。

うーん、納得ですなあ。

3日目は、募集した子供たちの無料クリニックでした。

子供達は赤ちゃん~小学校高学年の子まで、それに保護者のお母さん、お父さん、おばあちゃんなどで、ごったがえす時間。泣き声あり、しゃべり声あり、走り回る子もあり。。。

終わった後は、魂抜かれたように放心状態になるのだけど、実際の臨床は本当に勉強になるのです。

初めてバイオに触れる子たちは、ベッドの上に乗るのを嫌がったり、モジモジそわそわ落ち着かなかったり。

去年も診た娘さん(2歳)を今年も診たのですが、奇跡的に施術の前にひと泣きして寝てくれたので、超やりやすくて、温かさも広がりも、変化も、驚くぐらいあっと言う間にスムーズに広がったので、「子供ってすごい。。。」と改めて感動しました。

そして、寝てる時ってやっぱり変化著しいのです。

 

今回は会場が18時クローズだったのだけど(しかも厳しめの管理人さんで初日は6時ぴったりに閉めにきて、怒られたし・・・)トムは、6時1分前まで子供の治療をしてました!

トムの熱量にはいつも本当に頭が下がるし、この先生に長きに渡って教えてもらえることに、感謝と尊敬の気持ちで今回もいっぱいでした。

毎回バイオのセミナーでは、自分の中の課題に直面して凹んだり、やるせない気持ちになったり、そしていつもちょっとだけ階段を登った気になるのだけど、今回も自分にとっては勇気のある質問をして、答えてもらったことで腑に落ちたことがあって、それが個人的にはメインイベントでした。

自分のダメさに出会ったってことだったのだけど、大概そういうのに向き合う時そこに成長があるのだと思う。

今回逗子でエサレンマッサージをやっている友人のサロンに泊めてもらって、そこから通ってたのだけど、朝、海辺を散歩しながら「聞かぬは一分の恥、聞かぬは一生の恥」って海に向かってつぶやいていました。

成長期って恥ずかしいものですねえ、、、51歳ですが。

 

3月クリス来日ワークショップ日程

3月クリス来日ワークショップ日程

1年ぶりにGAP(ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス)の唯一無二のティーチャー、クリスティン・プライスが来日します。

クリスから学び始めた年数は、私がボディワークの出発点となったエサレンマッサージの資格を取った年と同じです。

ということは15年目らしい。初めて会ったころのクリスはもっと弾けてたような気がするけれど、今は円熟味を増し、でも変わらない在り方は「本当にこの人に出会えて、この人から学べて良かった」と思わせます。

優しさ、公平さ、オープンさは、当時も今も変わることなく、お手本を示してくれます。

今回ビギナー向けの1ディもあるので、興味のある方は、是非お越しください。早割ありです。そして、経験者向けのクラスの情報などもふくめ、申し込みはこちらのGAPウェブサイトをご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワンデー*喪失とグリーフ:移り変わることと向き合い、感じ、出会う】

2020年3月、クリスティン・プライスが約1年ぶりに来日します!
初めての方もご参加できるワンデープログラムでは、「喪失・グリーフ」をテーマに探求をしていきます。

「グリーフ」とは、大切な人や存在を失うことだけではなく、転職や離婚など人間関係の変化や、引越しなどの場所などを失う体験のことも含まれています。

誰にとっても大切なテーマですが、どのようにそれと向き合えばいいのか学ぶ機会はあまりありません。GAPの視点から、ぜひじっくりと見つめてみませんか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人生における喪失やグリーフの体験は、
どこかで表出できることが必要です。

私たちは自分に起きたことや、感じた感情、懸念などを
シェアし、他者の話や体験を聞ける場所を必要とします。

しかし実際、このテーマについてオープンに話せる場所を
見つけようとすると、難しいことが多いのです。

全ての人に関わってくる大切なテーマでありながら、
普段は直接向き合うことが少ない「喪失や移り変わり」

その変化について、向き合えるところはほぼ見つかりません。
そして特に私たちには、死について話せる場所が必要なのです。

今回は、喪失や移り変わりについてそれぞれが考えていること、
感じていることに気づき、それを誰かとシェアできる
安全な空間を創り、提供したいと考えました。

それによってこのテーマに関する過去の体験を思い返したり、
日々の生活を生きることに、それがどのように影響しているのかを
探求するチャンスもあるでしょう。

自分はどのような態度や捉え方、信念を持っているのか?
自分の未来を思い描くときに、
それをどのように形作っているのか?
ひとつひとつ、ご一緒に見ていきましょう。

本プログラムでは、レクチャー、ディスカッション、
また体験的なエクササイズを行います。
GAPのアウェアネス・プラクティスは、
今回のトピックを探求する方法の土台となります。

3月〜4月はとくに人生の変化を迎える人も多い時期。
この大切なテーマを、ぜひ一緒に探求しましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆GAP ワンデー・プログラム
「喪失とグリーフ:移り変わることと向き合い、感じ、出会う」

【日時】3月20日(祝金) 10:00-19:00 (9:30 開場)
【場所】東京都台東区上野周辺(お申し込みの方にお知らせ)
【講師】クリスティン・プライス(通訳:丸山智恵子)
【対象】初めての方、経験者の方、どなたでもご参加頂けます
詳細:https://gap.opensense.info/2019/12/27/2003one/

新年のご挨拶に代えて。

新年のご挨拶に代えて。

あっという間に新年が始まりました。

ナンディルーム、元気に始動しています。

今年もどうぞよろしくお願いします。

私がセッションで何を大事にしているのか?という事を年明け早々に考えていました。

ナンディルームを開業して、今年で約15年目になります。

正確にいつ開業したのか?というのを実はあんまり覚えていないのですが、私の性格上、記念日とか験担ぎとかどうでもいいので、自分にオーケーを出したときに始めたんだと思います。

まずスタートしたのは自宅の一室でした。駅から徒歩25分、コミュニティバスは1時間に一本という悪条件、その頃から続けていらしてくれているクライアントのみなさんもいて、本当に頭が下がります。

子供が学校から帰ってくるまでを調整しながらやっていました。

今も駅から8分なのでアパートの一室なので、そんなに条件の良い場所ではないですが、大分駅に近づいて来ました(笑)

セッションルームにはお金をかけていませんが、来てくださる方たちの深いところからの満足は大事にしています。

1人の方の時間をじっくり取って、お話にも充分耳を傾けます。

セッションでは静けさを大切にして、からだにエネルギーが満ちていくスペースを作ります。

からだも心も魂も満足して頂けたらと思うし、それは生きる事のクオリティーに変化をもたらします。

実は、私が私のセッションを受けたいなあと、時々思うくらい!

ナンディルームは開業以来、値上げしてません。

この間に消費税が2回上がりましたが、それでもこの価格を保っています。今の価格は、サロンを維持していくギリギリの価格だと思います。

本気で自分のからだに向き合ったり、変化を必要としている人に来てほしいなと思っています。

それも一回だけではなく、自分の中心がしっかり大地と繋がって、自分に与えられたこの貴重な人生を、十全に生きていける力が満ちて、からだが整うまでサポートしていきたいと思っています。

なので、あまり高額にして、それが一部の人だけのものになって欲しくないのです。

ナンデイの全てのセッションは、尊敬してやまない2人の先生、GAP (ゲシュタルトアウェアネスプラクティス)のクリティン・プライスとバイオダイナミクスのトム・シェイバーから学んだ事が、ベースになっています。

今も学び続けているし、悩み続け、進歩していきたいと思っています。

古い偉大なオステオパスのようにおばあちゃんになってもセッションをやっていたら良いなあ、、、。と思います。

今年もどうぞナンディルームをよろしくお願いします。