GAP(ゲシュタルトアウェアネスプラクティス)クリス来日プログラム

GAP(ゲシュタルトアウェアネスプラクティス)クリス来日プログラム

9月になりましたね。残暑厳しいですが、みなさまいかがお過ごしです。

今月末には、早くもクリスがやってきます。

来日スケジュールがこちらにUPされています。

GAPが初めての方向けのプログラムは1つしかありませんが、経験者向けは、1ディとオープンシートがあります。

こちらは初めての方も参加できます。↓

GAPイブニング・プログラム
プレゼンス ー 「ともにいる」ことのアート(技術)Presence: The Art of Being With 

現代社会では、あまりにも「何を、どれくらい、どれほど早く」するか、
ということに焦点が当たっています。

現代の成功モデルは「もっと達成しなければならない」ことであり、
常により大きく、良いものへと拡大していくことを意味しています。
このような「行動、生産、達成」という衝動によって、
私たちはいつもどこかに辿り着こうとあまりにも忙しく、
実際に「ここ」にいることがほとんどないのです。

私たちは前進を止めたり、未来に当てている焦点を一旦停止して、
人生で唯一無二である「この瞬間」に
ただいるための方法を忘れてしまうのです。

一度止まらなければ、
自分自身の体験から学ぶことができません。

一度止まらなければ、
この世界の不思議さや、自然界の美しさ、
耳や目などの五感を持っている恩恵を見過ごしてしまいます。

一度止まらなければ、
お互いのコンタクトの機会や、本当に人と出逢い、
共にいることを感じる時にやってくる喜びや癒しを見逃してしまいます。

私たちは、「生きている」というシンプルな奇跡に
気づかないままでいてしまうのです。

私は時々、
「なぜ40年以上もGAPをやっているのか」と質問されます。

それに対する最も短い答えは、
「私は、この世を去る前に、十全にここにいたいから」ということです。

今回のイブニングでは、一度止まること、
そしてこの瞬間に何があっても、
それと共にいることを探求します。

そこで、自分の身体感覚や五感を通しての外界への気づき、
また自分の思考や感覚、感情、そしてお互いへのコンタクトも探求します。

自分という存在と共にいること

また他者と共につながりの中にいること

その両方において、その場にとどまること、速度を落とすこと、
そして「ここ」にいる方法を発見していきます。

ークリスティン・プライス


◆GAPイブニング・プログラム
プレゼンス ー 「ともにいる」ことのアート(技術)
Presence: The Art of Being With 

日時:9月28日(金) 19:00-21:30(18:30開場)
講師:クリスティン・プライス(通訳:丸山智恵子)
会場:台東区秋葉原周辺(お申し込みの方にお知らせします)
対象:どなたでもご参加できます

参加費:早割(8/28まで) 4,860円(税込) 
通常 5,940円(税込)
*第2期スタディグループメンバーの方:ご招待

*フレンズ割引
GAPに初参加のご友人をご紹介頂いた場合、ご本人とご友人それぞれを1000円引きします。
・お申し込み時にフォーム備考欄でご友人のお名前をご記入ください(ワーク当日受付にてご返金させていただきます)
・2人以上ご紹介の場合は、ご人数 × 1000円をご返金いたします。

お問い合わせはこちらです。

gap.opensense.info/category/schedule/最新

 

まなざし

まなざし

週末のGAP(ゲシュタルトアウェアネスプラクティス)ST(ティーチングスタッフ)クラス「ドリームワーク2日間」無事に終わりました。

初めての方たちも、何年も学んでいる人も、自分の夢や、参加者のドリームと出会う豊かな時間でした。

このワークでは、「驚き」が歓迎されます。マインドは同じドラマを繰り返すので、頭以外のからだの内側の感覚や、五感をフルに使うことで、今まで感じたことのなかった感情が出てきたり、昔は持っていたけどいつの間にか感じることを許していなかったことや、誰かに禁止されたことで封印していた自分の一部に出会う事があります。

私も丁度お盆の時期だったので、毎年経験者クラスで女神山ライフセンターで5泊6日の合宿をしてた日々を思い出してしまった。

毎年夏のこのグループで私は、自分から切り離していた自分の一部が帰ってくるのを「からだ」で感じていました。

私は叫び派?なのか、オープンシートと呼ばれる一人一人が自分の探求をする場で、いつも大声で吠えていました。

女神山の自然は、周りに家もなく、安全でどんなに大声を出しても大丈夫なスペースを提供してくれる最適な場所でした。

沢山泣いて、叫んで、自分の中から何かを呼ぶような咆哮が出てきたことがありました。

その時、まさに自分自身が切り離した自分の一部が、吼え声と共に、手に足にお腹に帰ってくるのを感じたのです。

それは懐かしい嬉しい感覚でした。

私たちは、ピアノの鍵盤のように全ての鍵盤を持って生まれてくるとクリスはいいます。

育っていく中で、引き続けている音や、文化的に良いとされなかった音、禁止されたり、弾くと叱られた音を私たちは奥深くにしまい込んでしまいます。

それがあることは、意識の下の深いところに仕舞って取り出そうとも思わずに。

でもその長い間封印している音が出てきたとき、これだ!自分が引きたかった音だ!と感じるのです。

それは喜びの時間です。最初は音の外れたリコーダーみたいに居心地が悪いかもしれませんが、段々慣れてきます。

私にとっては、それは叫んだり、地団太を踏んだりすることでしたが、それが全員に必要な訳でもありません。

ただ自分にいろんな音色があるのに気づくことは、自分と他者の関係にも影響します。

自分の感覚の幅があるというのは、まさにオープンマインドで、「こうじゃなければいけない」と思っていた自分のマインドを拡げてくれるからです。

GAPでは、自分のからだの体験を通してそれを学んでいきます。

これがセラピーではなくプラクティスなのは、クリスも今も自分に気づくということをやり続けているからです。

クリスのまなざしに出会った時、その目を見ているだけで泣いてしまう人がいます。

クリスの目の中には愛があります。

広く、優しく、暖かく、平等で、好奇心を持ったまなざし、、、まさにGAPの質を体現しているのがそのクリスの目なのです。

以前クリスに見つめられると、目をそらしてしまうことがありました。

自分の複雑な心の内を読まれているようで、息苦しくなってしまっていたのです。

あるとき私はクリスに、それを言いました。

するとクリスは「私は何も読もうとしていないわよ。私があなたを見つめるのは、あなたのことをもっと知りたいからなのよ」と言いました。

それを聞いたとき、私の中で何かが開きました。

未だかつてそんな風に興味に溢れて、自分自身から出てくるもの全てを歓迎するようなまなざしで自分を見てくれる人はいなかった。

私は今も、その瞳から学び続けています。

そして自分がどんなまなざしで人をみているのか?自分はどんなまなざしでみつめられたいのか?について考えていました。。

9月~10月のクリスのプログラムがあります。

初めての人が受けれるクラスは一つしかないのだけど、機会があればクリスに会ってほしいなあと思います。

詳細はお知らせのほうに載せますね~~。

 

 

GAP(ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス)ドリームワーク2日間

GAP(ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス)ドリームワーク2日間

毎日毎日暑いですね!いくら夏に強い私でも、この湿気はあまり好みではありません。イタリアからっとしてたからなあ~~。

でも、夏に強いので食欲は衰えず、イタリアで買ってきたオリーブオイルを夏野菜にかけて食べてます。

ご飯が食べれるってすごい。

暑くて寝苦しい夜はたくさん夢を見ます。

私が見る夢で断然多いのは、ワークショップの夢。自分が受講しているのだけじゃなく、知らない場所で知らないワークを受けていることも。。。教えていることも。。。いつもなぜか人がわんさかいる。

一人になりたい。。。

8月のGAPの基礎クラスでは、ドリームワークの2日間を開催します。

夢のワークと言っても、巷の夢判断や占いのように誰かが解釈した夢を扱うのではなく、夢の中に登場する人や場所やモノ(フィギュアといいます)の視点で夢を体験し、今まで自分が自分のものと認めていなかった自分の一部や、昔はもってたパワーを自分に取り戻したり、新しい発見や気づき、癒しを体験していきます。

そして、怖れや、不安、怒りなど、あまり関わりたくないと思っているエネルギーにも、楽しさ、ワクワク感、喜びと同じように扱うことも学んでいきます。

夢に興味のある人も、未知の自分を発見してみたい人もどうぞご参加ください。

ご予約はナンディのHPからではなく、GAPのHPからになります。→https://gap.opensense.info/category/schedule/%E6%9C%80%E6%96%B0/

日程:8月11(土)12(日)10時~17:30分

場所:都内にて(詳しくは上記の予約をご覧ください)

夏休みの2日間を是非夢のワークでご一緒しましょう!

 

イタリア瞑想リトリートから戻りました

イタリア瞑想リトリートから戻りました

昨日深夜に自宅に帰り着きました。

素晴らしい旅でした。

仕事も、パソコンも、ケータイも、家族とのやりとりも、日常のやるべきことのtodoリストもないなかで、規則正しく一日に2回きっちり瞑想し、自分の思考やエゴのパターンに出会い手放し、静かな場所で安らぐ。

朝6時~終わるのは22:30というそれだけ読むと恐怖だったのですが、不思議にゆったりした時間でした。

その中で、自分のパターンに気づき、何度も何度もやってくる、自分で自分を縛っている絡みつく糸をほどこうともがくことなくそれよりも下にもぐるのは、時に難しい作業でした。

瞑想のマスターのニーラジャが用意してくれたフィールドと、お弟子さん達の信じられないくらいの優しさ、暖かさ、そして静けさ、このシャンティガイアという場所の自然や動物たちに守られ支えられながら、探求の日々を過ごせたこと、本当に感謝感謝です。

毎日愛に溢れた、とれたての野菜を使った、イタリアン・ベジフードも素晴らしく美味しかった!自家製のオリーブオイルをダバダバかけ、こんなに普段3食食べることないのにきっちり食べていたので、太っちゃったかも。。

でも、でも、幸せでした!

朝昼晩と散歩しながら、人生で自分のたどってきた道を振り返ってました。

今回中華航空だったので、北京乗り換えで中国人の人たちや中国語に触れて、30年近くぶりに中国語を喋ったりして、出てくるもんだな~~と感心したり。

ニーラジャは、チベットのリンポチェ(活仏)に学び、パパジというインドのグル(先生)に出会って、そこでパパジの晩年を一緒に暮らし、学んだので、インド的な側面がたくさんあって、インドのことも沢山思い出した。

セヴァ(奉仕)として、食事、洗濯、なにからなにまでお世話してくれたイタリアの美女たちも、20代前半で、自分が旅してた頃と同じ年齢だった。

それから長い時間が経ち、私は子供を産み育て、それももう終わりを迎えつつある。

息子は大学生になり自分の足で自分の欲しいものを探しに行ける年になってきた。

私は50歳になり、ヒンドゥー教でいう家住期を終え、次のステージ、自由な内なる行に向かう時期が来たようです。

若い時は、周りの旅行者が瞑想にはまる中、私には全然響いてこなかったというのに!

今になって、それが自分のところにやってこようとは。。。。

イタリア瞑想リトリート
毎日の美味しいご飯!中庭で食べます

施術も変わっていきそうな気配。より静かな場所から始めれそうな気がします。

イタリア瞑想リトリート
癒してくれる犬たち!
イタリア瞑想リトリート
瞑想室ニルヴァーナ
イタリア瞑想リトリート
老犬シャンティ
イタリア瞑想リトリート
ニーラジャと最後にハグ
イタリア瞑想
お弟子さんのタシ(息子と同じ名前!!)

また書きますね♡

 

バイオダイナミクスフェーズ3

バイオダイナミクスフェーズ3

毎年6月はバイオダイナミクス月間なのですが、その最後はフェーズ3!

梅雨まっただなかの、雨の中のクラスでした。

このフェーズ3には2クラスあって、一つは女子が中心(男子は2人)の女子高クラスと、30数人中女子が4人の工業高校的?なクラス。ほとんどがオステオパス、PT,カイロプラクターなど治療家で構成されているクラスで私が参加しているのはなぜか工業高校男子クラス。

私がバイオダイナミクスのセミナーに行き始めた頃の10数年前は男性ばっかりで、エサレンマッサージの女子慣れしている身には驚きだった。。。

最近は女性が多くなって、華やかでキラキラしていて、トムが「最近の人たちは変化しているから教え方もそれに則したものに」というのもわかります。

それはさておき、今回も色々学びがありました。

自分の中の今育とうとしている種に気づいて、私自身がその種を勇気をもって励ましていった、そんな時間になりました(抽象的ですが・・・)

トムは本当に大きな人だなあと思います。

そしてこのバイオダイナミクスも!

これは、単なる何かを学ぶという域をとうの昔に越えて、自分と世界を繋ぐ大きな虹のかけ橋なのだと思います。

自分の未熟さや弱さや痛みも受け入れ、それでも少しづつ世界に対して開いていくとはどういうことなのか?を学んでいく時間だなと。

もちろん技術もそうだけど、バイオダイナミクスを学んでいくことには、技術を超えたものがある、そう思っているからこれをずっと続けていけるのでしょう。

今回、自分が限定されたものの見方をしている、そのことに気づきました。

バイオダイナミクスは、それよりもものすごく大きい。

自分が見ていたものの狭さに気づいたとき、それがきっと成長への鍵なのだと思います。

GAPでも、自分が何かを知っていると思っているときの在り方と、好奇心をもって知らないことにオープンであるときの在り方の差をよく言います。

一番良い在り方は「村の愚か者」の在り方だと。

トムはよく、自分が若い時に師事していた、おじいちゃんオステオパスの方々の話をするのですが、、「自分の先生たちが見せてくれたり教えてくれていたことが、今すごくわかるようになってきた」と。

そのことの意味がほんの少しだけわかってきました。

私たちは今秘密の種を仕込まれているのだと。

バイオを知るたびに、今まで全然見えなかった、そしてベールに隠されていた世界が垣間見れる気がして、秘密を探検するワクワク感と、終わらない喜びのようなものがあるのです。

何にしても、根底にあるのは愛です。

クラスメイトとお互いに治療し合って、色んなことをシェアし合って、みんなが真摯に愛を持って日々の治療に取り組んでいるというのは、本当に素晴らしいと思う。

バイオダイナミクスの施術が、この癒しを必要としている人の元に届きますように!

私も精進します!

 

 

 

 

ゲシュタルトアウェアネスプラクティス「人との関わりとセルフサポート2」

ゲシュタルトアウェアネスプラクティス「人との関わりとセルフサポート2」

週末の2日間は、人との関わりとセルフサポートの第二回目でした。

最近のあまりの忙しさに告知もできず。。。

ゲシュタルトアウェアネスプラクティス(通称GAP)では、自分自身との関係に重きを置くのですが、本当によいコミュニケーションを成立させるためには、自分自身に気づいていることが必須だとティーチャーのクリスも言います。

そしてGAPでは、あるがままの一瞬一瞬の[いまここ]に気づいていくことを大切にしますが、何に気づくかよりも、どう気づくか?により重きを置きます。

何に気づいても、それと共にいる、良いことも困難なことにも、YES、ハローといって自分自身と共にいる。その力をGAPでは育むのです。

過去、自分はそんな風に周りの人(特に幼少期に大人に)「あるがままのあなたでいいんだよ」と言ってもらったことはないかもしれないけれど、自然や、動物や、友達や、大好きなぬいぐるみや本からは「イエス!そのままでいいんだよ」と言ってもらった経験があるかもしれない。

自分にとって、何がサポートか?ということに気づく、それを横に置いておくことはとても大事です。

特に困難な関係性においては。。

2日目の最後にやったプラクティスはこんな感じでした。

基礎の気づきのプラクティスをやって、午後の最後により実際的なところに入っていきました。

まずは、自分にとって、何が困難かに気づく。

そのあるがままの感覚と共にいる。

そしてその中にある自分のニーズに気づきます。

相手にどうしてほしいか?という自分の中のリクエストにも気づきます。(この場合、その人自身のふるまいを替えてもらうもらうリクエストをすることはできるけれど、その人自身を替えることは不可能です。)

そしてそれを相手に伝える。

その対象の人を、私たちはまずは座布団の上において練習するのです。

(これはカルマフリー。安全で役に立つやり方、かつやってみると真実の声が出てくるのです。)

それから、相手にリクエストを伝えたら、自分にもできることを言います。

相手に要望を伝えるだけではなく、この関係の責任を相手に押し付けてしまうだけでなく、必ず自分にも出来ることがあります。

そして、これが重要なのですが、この関係でうまくいっていること、感謝していることも伝えます。困難な関係においても、かならず良いことはあるからです。

私たちは、困難な関係において、その難しさ、不快さ、しんどさのほうだけに目を向けがちです。

でもその中にもよいことは必ずある。それに気づいてそれを伝えることが重要なのです。

この実習で私は母を座布団に置きました。

先日、父の体調が悪くて実家に帰ってたのですが、そこで父の介護負担軽減のため母にショートステイに入ってもらおうとしたときに、母がすごくぐずってわがままをいうので自分の感情が抑えられなかった経験をワークしました。

私の母は原発性呼吸不全という、原因不明の難病で在宅酸素を付けています。なので、常時苦しい。

その苦しさを解消してあげたいという思いと、介護している父の負担が増しているのに、母がそれに鈍感でやってもらっているという認識が薄いので、時にイライラしてしまうのです。

その母を自分の前の座布団に置いて、自分のリクエストをいいました。

するとそのリクエストよりも大きく、自分の中の「前の母のように元気になってほしい」という思いがどばっと噴き出して、涙がドバドバ出てきて自分でも驚いてしまいました。

今度は母の席に座ると、苦しさで視界が自分の座っている領域くらいにしかない。母になってみるとこれは人を気遣うのは無理だなあということがよくわかる。私が自分の感覚で母を見ていたことがよくわかりました。

そして最後にサポートの席に座って、この二つの関係を見てみたら、そこに通っている家族の絆や愛が空間を覆っているのを感じました。

全てのものに居場所があります。

困難も、良いことも、痛みも悲しみにも、優しさにも。

GAPでは、いつもは通り過ぎてしまう、充分感じるところに時間を取ってない全てのものに、ゆっくり時間と空間を与えていきます。

次回のクラスは8月11(土)12(日)今度はドリームワークです。

2日間かけて夢を探求していきます。