エソテリックヒーリング遠隔セッションを開始しました

エソテリックヒーリング遠隔セッションを開始しました

以前は知り合いや家族にのみ遠隔ヒーリングをやっていました。

が、、、、遂にエソテリックヒーリングの遠隔セッション始めることにしました。

特に実家の両親には、福岡なので日常的に治療することが難しく、ちょいちょいやってます。

あるときから、ペンジュラムを使用するようになって、精度があがり効果を実感できるようになってきました。

なので、遠隔セッションもメニューに加えることにしました。

遠隔ヒーリングもやり方は対面とほぼ同じです。

チャクラをチェックするのに、対面では使わないペンジュラムを使用することもあります。

遠くてセッションに来ることが出来ない方や、緊急にヒーリングが必要な場合もお受けすることが出来ます。

詳細はエソテリックヒーリングのページをご覧ください。

距離や時間を超えるこのヒーリングの効果を是非お試しくださいね。

 

 

 

 

コラボセッションを終えて

コラボセッションを終えて

今日は冷たい雨が降っていますね。

皆さま、どんなゴールデンウィークをお過ごしでしたか?

私はまあずっと仕事をしていました~~。

3日のゆづかさんとのコラボセッション「チャクラとからだとこころ」は満員御礼で、日頃なかなかお会いするチャンスのない方にも施術することが出来て、楽しかったし、色々勉強になりました。

最後のセッションを終えたときは部屋中にスティルネス(静寂)が満ちていて,その中にいると自分も治療された感じでした。

こうやって自己治療ができて、ほんと幸せですわ。

ナンディのセッションは、通常は一人に対してのセッション枠が長いです。

一番長い「エサレンマッサージ+バイオダイナミクス100分」は、前後を合わせると2時間は優に超えてしまいますね。

なので、一日に出来るセッションは最高でも4人です。

その分、色々お話も伺ったりして、つい長くなってしまいます。。。

それを考えると、一日7人っていうのは、めったにないことなのです。

整体とか駅前マッサージの人にとっては、10人とか当たり前のことかもしれませんが、一日7人っていうのは、めったにないことなのです。

サロンをシェアしているといっても、日頃は地味にコツコツ一人でやっているので、フラワーエッセンスの華やかさに触れるのはなかなかいい感じでした。

コラボセッションは、ゆづかさんのフラワーエッセンスとの相乗効果もあって、エッセンスを毎日飲むことで変化が続いていくことと思います。

次回の企画も練りつつあるので、どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

 

ゴールデンウィークコラボ企画「からだとこころとチャクラ」

ゴールデンウィークコラボ企画「からだとこころとチャクラ」

今年も、ゴールデンウィークにサロンをシェアしているゆづかさんと二人でコラボ企画をします!

タイトルは、「からだとこころとチャクラ」です。


今回のテーマは「チャクラ」です
前半はラビアンローズ Yuzu.
ダウンジングでチャクラをチェックし、フラワーエッセンスとクリエイチュアルワークでその場で調整し、お持ち帰り用のトリートメントボトルを調合します。
クリエイチュアルワークとは創造することと魂の癒しを関連づけて、身体とイメージを使ったワーク)


後半はナンディのボディワークで、ハンズオンで、チャクラと関連する肉体や臓器エネルギーも含めたバランスを調整し、整えていきます。

今回は、お得な割引チケットもついています!(条件あり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日程:5月3日(木、祝)10~17時
10時~、11時~、13時~、14時~、15時~、16時~、17時~(1枠1時間くらい)
料金:6千円
*ヒーリングスタジオ102が初めての方と初めての方を紹介していただいた方は、次回以降使える千円offチケット差し上げます!
場所:ヒーリングスタジオ102  国立市北2-10-18 ハイム国立102

チャクラって??
人体にあるエネルギーセンター。メインのチャクラは7つあり、各臓器、エーテル、アストラル、メンタルなどのフィールドとも関連している。特定のチャクラが過活動、或いは使われな過ぎ、などにより心身に不調を覚えることがあり、チャクラと肉体、感情のバランスをとることにより、バイタリティを全体に行き渡るようにします。

ゆづかさんのプロフィールはこちらです。↓

*ラビアンローズ Yuzu.(岡山ゆづか)
・facebook おかやまゆづか ・Instagram lavieenrose_yuzu
愛猫に導かれフラワーエッセンスプラクティショナーを生業とする。クリエイトすることと魂のヒーリングの繋がりを解明することを今世のテーマとし 自らを生き証人とし 日々探求している。

ご予約はお問い合わせ申し込みフォームより、時間を第3希望まで書いてお申し込み下さい。

どうぞよろしくお願いします

ペンジュラム

ペンジュラム

最近、ペンジュラムを使ったヒーリングにはまっている。

ペンジュラムはダウジングに使われる、円錐形の道具。

セッションルームをシェアしているフラワーエッセンスのヒーリングをやっているゆづかさんが、部屋に置いていたペンジュラムに惹きつけられた事から始まった。

ペンジュラムを使うことがまるで決まっていたように、バイオをやっている先輩から色々手ほどきを受けることに。。。。

ペンジュラムを使って、主に遠隔のヒーリングをしたり、カウンターストレインの圧痛点を探したりしている。

これが本当にぴたりと必要な治療をしてくれるので、ひえ~~!すごいな~~!と感心しています。

主に遠く離れた両親に、遠隔ヒーリングをするのにとても役に立っています。

以前は遠隔の依頼が来ても、実際に顔を合わせたことのない方からお金を頂くのを躊躇していたのだけど、色々練習していて精度も上がってきたので、近々遠隔もメニューにいれようと思っています。

対面のセッションでも登場することがあるかもしれません。

ご期待あれ~~。

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

新しい年が始まりました。東京は今日もいい天気!

みなさまは、旧年はどんな年でしたか?

私は、内側に籠って、コツコツと取り組む、そんな年でした。

先日クリスマス会で、なじみの古本屋&のみ食べどころに行ったのですが、久しぶり過ぎてお店のレイアウトが全く変わっていました。。。。どうも1年以上来ていなかったようです。

去年は、人と会う場、パーティ、飲み会の席などほとんど参加していないような気がします。

「忙しいんでしょ~」などとよく言われますが、そんなこともないのですが、余力がないというか、

その反面、バイオやエソなどの勉強会には割と参加しているのでそれで精いっぱいというところでしょうか。。。

今年は息子も大学生になる予定。。。(もうすぐ受験です~~)

お母さん業も卒業して楽になる(予定)なので、今年は動き回る年になりそうです。

息子は浪人はしたくないとのことで、驚くぐらいの量の大学を受験するのです。

お、、、お金が~~~~!と思うのですがそこは、が、、我慢、、、最後の踏ん張りどころですね。

年末年始は塾に缶詰、風邪ひきさんでそれでも早起きして友達と初日の出を見に行く気力は若さかな。

年明けには、連続で3つのワークショップをやります。

1月13(土)14(日)GAP(ゲシュタルトアウェアネスプラクティス)TSクラスGAP基礎

1月17(水)からだの声を聞くWS

2月3(土)からだの声を聞く&瞑想ワークのコラボ@両国

詳細はお知らせ等に随時UPしていきますね。

皆さまにとって今年が良い年になりますように!!

本年もナンディルームをどうぞよろしくお願いします。

 

 

バイオダイナミクス

バイオダイナミクス

健全を探しなさい。病気は誰にでも見つけられます。

という言葉は、オステオパシーの創始者ATスティルの有名な一節ですが、バイオダイナミクスでは、病気ではなく健全を見るということをとても大切にしています。

私の両親は福岡に住んでいて、母は呼吸器の難病で24時間酸素を付けています。

父が介護をしているのですが、その父が体調が悪くご飯を食べれないというのでせっせと遠隔ヒーリングをしていました。。。。が、はっと気づくと私は病気を探していました。

弱っていく父をなんとか元気にしようと、胃かな?膵臓かな?いやそれともバイタリティの脾臓か?などと、病変のある個所を必死に探していた自分の間違いにあるとき気づいて(それは稲妻のように降ってきました)それがあることで、やっとその自分のやりかたを止めることができました。

 

病気ではなく、健全を探す。

その人の中の、すでに治療が始まっているところに参加する。

トム(バイオの先生)が何度も繰り返し伝えてくれていることです。

でも私たちは、いつも悪いところや病気を探そうとしてしまいがちです。

バイオダイナミクスは、創始者のジムジェラスが「真のオステオパシーの復活」と呼んだ治療です。

私はバイオに出会ってもう10年くらいになるのだけど、未だに魅力にあふれ、その深遠な世界感は私を魅了し続けています。

何年もその施術をセッションで実践してきていますが、今一つよくわからずつながらなかった点と点が、ここ最近繋がってきて面白い体験を色々しています。

エソテリックヒーリングも「オーラが見えるんですか?」とかよく聞かれますが、始めた当初は何にもわからないし、見えないし、手にも全く何も感じられなかった。

トムがよく「手が知っている」といいますが、その両手の間にあるもの、組織であれ、エネルギーであれ、それを実感を持って感じ、そしてそれが変化していくところまで追えるようになってきたのはわりと最近です。

一旦それが分かり始めると、前よりももっとセッションが楽しく、豊かになってきました。

私たちは、感じていることを常にその思考で曇らせているのだなあというのもよおくわかってきました。

多分子供の頃には自然とできていたことを、私たちは大人になって再び学びなおさなければいけないのかもしれません。

やれやれですが、楽しい学びです。