予約についてのお知らせ

予約についてのお知らせ

新型コロナウイルスに感染する人が増えていますね。

東京は外出自粛勧告が出ましたが、ナンディルームは通常通り営業します。

コロナウイルスに感染していなくても、長期にわたる自粛や感染の広がりで、不安や心配やストレスで体調を崩している方も多いと思います。

ストレスは免疫力を落とすので、美味しい滋養のあるものを食べて、いつも以上に充分な睡眠と笑いを大切にしてください。

予約のキャンセルについてですが、通常は前日は25パーセントを、当日のキャンセルは100パーセントのキャンセル料を頂くことになっていますが、こういう時期ですので、直前のキャンセルに関してもコロナウイルスが収まるまでは、頂かないことにします(ただし、連絡は下さいね)

行きたいと思っていても、出かける事や、電車に乗ることへの不安もあると思いますので。

なので、キャンセルに関するお気遣いはなく、予約していただけます。

早くこのウイルス騒動が収まり、全ての人にいつもの生活が戻ってきますように。

通ってくるのが大変な方には、遠隔セッションもあります。

 

 

GAP1ディzoomクラス「グリーフ&サポート」

GAP1ディzoomクラス「グリーフ&サポート」

昨日春分の日は、GAP(ゲシュタルトアウェアネスプラクティス)の遠隔zoomクラスでした。

今回、コロナ問題で講師のクリスの1年ぶりの来日が叶わず悲しい思いでしたが、zoomというツールを使って遠隔ウェビナー開催の運びとなりました。

パソコンやiphone,などのツールを使って、それぞれ離れたところ(在宅で)繋がり、みんなの顔が見れます。

身体感覚を使う事、「今ここ」そしてグループでの輪を大事にするGAPを、どこまで体感できるのかな?と少し懸念もあったのですが、かなり良かったです。

久しぶりにどっぷりクリスのワークを体験できました。

そして、今のような「人が集まれない」状況においても、それぞれのつながりを感じたり、今この瞬間に十分に居続けることが出来る時間と空間をグループで体験できることの大切さを味わいました。

このzoomでは、参加者が小部屋に分かれることもできて、ペアワークもできるんです!これが画期的に感じました。

なので、レクチャーだけでなく体験的なワークも充分できます。

今回のテーマはグリーフ(悲嘆を嘆く)だったのですが、グリーフは自然にあることで、それはヒーリングのプロセスであるということがまず前提としてあり、それは亡くなった人に対することだけでなく、あらゆる変化に当てはまるという事。病気や、加齢、今まで出来ていたことができなくなるなど。

午後の時間は、過去には充分それに向き合うことが出来なかったことに出会っていきました。

それが一人ではなく、自分自身を感じながらもしっかりと聞いてくれる人がいるというのは本当に豊かな時間でした。

私は、一周忌を終えた母のグリーフが出てきました。

子供の頃から人一倍感情を強く感じて、怒ったり笑ったり悲しんだり。しかもいつまでもそれが続いてしまう。

それに対して、自分がストッパーをかけていたことに気づきました。

「いつまでもそんなに悲しんではいけない」と

探求を始めたら、自分が小学生くらいの子供に戻ったような気持ちになって、自分のことを気にかけてくれている存在がもういないことがとても心細く感じました。

母に直接話しかけてみたら、「お母さん」っていう言葉がどんどんでてきて、母に「お母さん」っていいながら、とめどなく涙が出てきました。

もう肉体的に私がお母さんと呼べる存在はいないんだな。。。と後から改めて思いました。

母に「お母さんが良いお母さんじゃなくても、どんなお母さんでも、お母さんに居てほしい」という言葉が出てきて、それを母に(目の前にあったのが丁度ノートだったので、ノートの母に)言うことが出来ました。

それは、母である自分に向けた言葉でもあるのかもしれない。

母への赦しと、母である自分への赦し。

私にはこんな時間が必要だったなとしみじみ思いました。

コロナのおかげで仕事が減ってたりして、いつもよりも自由な時間が取れて、それはそれで自分には必要な癒しの時間かもしれないと思うようになりました。

クリスの言う、どんな悲惨な状況においてもそこになんらかの良い点、価値があること、得るものがあるということ。

そこに気づくことで、やはり人生が豊かになるなあ。。。。

来週は5日間の在宅リトリート!少人数でじっくり毎日プラクティスが出来るなんて、超幸せです。

また色々報告しますね~~~。

 

セッションスケジュール1部変更のおしらせ

セッションスケジュール1部変更のおしらせ

昨日は、東京では雪が降りましたね。桜が開花しそうな勢いでの雪!ほんとびっくりです。

生きていると色々なことがありますが、情報化があまりに進むと生の感動が薄れる気がします。

綺麗な景色を見ても、まず写真撮ろうとか。。。。

コロナウイルスの件も、恐れのほうが蔓延してしまっている気がしますね。

うつりそうで呼吸も浅くなっている気がします。

大きく深呼吸!ふ~~~。

さて、GAP(ゲシュタルトアウェアネスプラクティス)のクリス来日延期でのセッションスケジュールの変更ですが、来日は延期になったのですが、クリスがzoomを使って、ウェビナーでのオンラインのクラスをやってくれることになりました。

1ディもですが、リトリートも元は5泊6日の秩父合宿が5日間の在宅クラスになります。

初めて家でのオンラインクラス!ワクワクします。

ということで、やはり来週はお休みが多くなってしまうのですが、21(土)と29(日)はセッション可能になりました。

何もかもが一旦停止しているような日々ですが、自分自身のからだや心を充分感じる時間を作りにいらしてくださいね♡

GAP(ゲシュタルトアウェアネスプラクティス)ワークショップ延期のお知らせ

GAP(ゲシュタルトアウェアネスプラクティス)ワークショップ延期のお知らせ

三月後半に予定していた、クリスティンプライス来日によるGAP(ゲシュタルトアウェアネスプラクティス)ワークショップは9月以降に延期になりました。

ぎりぎりまで来日の可能性を探っていましたが、クリスの状況は↓

コロナウイルスに関するアメリカ政府の政策により、私がアメリカを出国し戻ってくる際に検疫として二週間隔離される可能性があり、そのような状況に陥るリスクを取れない事情から止むを得ない延期です。

ということで、今回はやむなくキャンセルになりました。

初めて参加の方で、来日ワークに申し込んでくださったみなさまには、大変申し訳なく思います。

私も5泊6日の秩父合宿を含め一年ぶりの来日を楽しみにしていたので大変残念です。

生のクリスと会うことは叶いませんが、その代わりにアメリカのクリスとzoomで回線をつないでの、遠隔ワークショップの可能性などをスタッフで話し合いをしています。

はっきりしたら、お知らせをしたいと思います。

それによって、ナンディルームの三月後半の個人セッションスケジュールはお休みになっていましたが、、ご予約が可能になることもあります。また決定しましたらお知らせしたいと思いますので、しばしお待ちください。

コロナウイルスによる影響が個人にも及んでいるのがひしひしと伝わってきます。

クライアントさんたちのからだの変化でそれを如実に感じました。胸郭がぎゅっと縮こまっていて、閉塞感や不安が、エネルギーボディを小さくしている感覚があります。

きっと私の呼吸も浅くなっていると思います。

一日の中で、何度か大きく深呼吸をするのをオススメします。

あと、アーとかオーとか声を出しながらなるべく長く息を続かせることも。吐くと呼吸は入ってきます。

あとため息をつくことも!

ひとつひとつの変化に呼吸を忘れずに居たいです。

コロナウイルス騒乱に寄せて

コロナウイルス騒乱に寄せて

今、北九州空港からフライト中です。

経営破綻しちゃうんじゃないか?ってくらいのガラガラです。

ひま過ぎるからか?横断幕を数人で持ち、離陸の際はそのまま行進してましたー。

現場の方、本当にご苦労様です!

コロナウイルス蔓延に関して、学校の休校や、外出の自粛など、それをどう捉えるかは、それぞれの立ち位置や、状況によって異なると思います。

確かに高齢者、持病を持つ方、免疫力に自信のない方は、出来るだけ人の集まるところに行かないのが賢明だと思います。

このコロナウイルスには、未知の部分が多く、人口的に作られた説もあるし、潜伏期間も長い。

毎日毎日どこで誰が感染したというニュースは、百害あって一利なしだと思いますが、心理的にもかかりそうになってしまいますよね。

インターネットでも、散々色んな説や意見や、情報があると思うので、ここではあえて触れませんが、施術する立場として自分が何を発信出来るか、そしてサポート出来るかと思うと、一番伝えたいのは、まずは落ち着きましょうという事です。

不安はいつもどこかにある事と思います。

でも、その不安に全てを乗っ取られているわけじゃない。

毎日、どこか静かな空間をみつけて、自分自身が自分を感じれる助けになる事をやって下さい。

ここでは、ゲシュタルトアウェアネスプラクティス(GAP)でベーシックプラクティスと呼ばれている、呼吸に気づくシンプルな実践を紹介します。

まずは、自分自身の座っている場所を感じます。お尻が畳や椅子の上に乗っている感覚を感じます。

そこから、吸う息と吐く息の両方を感じます。

外側から空気が入ってきて、内側から外に出て行った空気が外の空気と混ざり合う、それをそのまま感じます。

特に大きくて良い呼吸しようとはしません。

あるがままの今のそのままの呼吸に気づきます。

それを変えようとはしません。

あるがままの呼吸に気づく事を5分間やります(タイマーをかけておくと便利です)

もしも、自分が呼吸以外の何かしらのこと、それは身体の感覚だったりあるいは外側起こっている音や見えているもの、匂いや触覚などに気づいていたり、何かを考えたり思い出したりしている事に気づいたら、それに気づいてこんにちはと挨拶して、また呼吸に気づく事に戻ります。

そうして、ただ呼吸に気づく事にくつろぎます。

ぜひ、日々やってみて下さい。

私の経験から言うと、感染症にかかる時は、あとか考えると、気力体力が充実してなかったなあと思います。

かつてマラリアになった時は(規模がアジア過ぎるけど)旅を続けて1年が過ぎて、新鮮さがなくなって、体力も落ちて、失恋もしてぱっとしない時期だった。

当時23歳で若くてぴちぴちしてたはずだけど、気分は老人めいていた。

数年前に初のインフルエンザになった時は、息子がかかったせいもあるけど、12月でめちゃくちゃ忙しくて、でも止まれずに、インフルエンザにかかった時は、これでゆっくり眠れるとちょっとホッとしたくらいだった。

しかし、インフル、寝てたらあっという間に治ってしまって拍子抜けだったけど。

だけど、何かにかかるとき、そう言う時は確実に免疫力が落ちています。

忙しくて疲れていると、自律神経が正常に働きません。

気を抜くと、ふっと何かに入られてしまいます。

安定した食生活はもちろん大事ですが、睡眠も充分にとって下さい。

それも良い質の眠りです。

そして、くれぐれもスマホを枕元に置かないように。今時あらゆるところに電波は飛んでますが、置くなら電源を切って下さい。

なんだか当たり前のことばかりで申し訳ないけど、陽の光に当たったり、可能な人は適度な運動をして下さいね。

ナンディルームでは、特別にいつもと違う事はしませんが、通常通り営業しています。

(今日まで、母の一周忌で実家だったのでお休みでしたが)

疲れた方は、ポーテンシーあげる為にも来てくださいね。

もし、マスクして欲しければ遠慮なく言って下さいませ。

怖れ過ぎず、適正にガードしつつ、自分のケアをして下さいね。

2月総まとめ。

2月総まとめ。

あっという間に2月が終わってしまう。。。。

なんだか最近いつもそんな感じです。

2月は怒涛の日々でした。今やっと落ち着いて、実家に向かい中です。

明日は、母の一周忌の法要なのです。

早いものです。

一年前の昨日は、心臓が止まってしまった母に会うべく、泣きながら飛行機に乗ってました。

あれから一年、コロナウイルス騒ぎで、飛行機はガラガラ。。。

すごく落ち着いて、フライトを楽しんでます。

コロナウイルスについては、色々思うところもあり、後日書くことになると思います。

ニッパチは商売は暇なのが通説ですが、2月は個人セッションも多かったし、バイオダイナミクスの協会主催の勉強会でのクラスもやったし、フラワーエッセンスとバイオのコラボセッションに茅ヶ崎にも行きました。

そして、確定申告の時期でもあったので、夜な夜なコツコツレシートを整理したり、書き込んだり、電卓をパチパチ打ったりしてました。

そう、私はエクセルが使えないのですーーーー(涙)

今年も青色申告ソフトダウンロードしようかな。。。とか思って手に取ったものの、めくってすぐに挫折してやはり手書きを貫くことに。

でも年々e-taxの優遇度が上がって来てるので、いつかは手書きを卒業するのかな。

でも、この時期新しい事が入る脳のスペースはないのかも。。。。

と言いつつも、2月には毎年恒例のカキフライパーティー(大量の揚げたてカキフライを食す会)や手相パーティーにも参加しました。

手相は、震災後に一度見てもらった事がある吉原さんに再び観てもらうことに。

アーティストのBebeちゃん宅で、美味しいものを食べたり飲んだりしながら。

震災後の2011年に見てもらった時は、教える事に向いているからどんどんやった方が良い。と言われたのですが、確かにその後、GAP を教えたり、ワークショップをやったり、これはないだろうと思ってたのにバイオも思いがけずアシスタントなんかをやる事になったり教える機会が増えているような気がします。

自分の道に沿った生き方をすると上手くいくと吉原さんは言ってたけど、確かに自分が望んでそうなっているというよりは、するするとそこに導かれている気が。。。。

(ちなみに、2011年に見てもらったとき、一緒に見て貰った男性は、もうすぐ結婚するかもしれないといわれ、その時お付き合いしてたわけじゃなかったのに、ほんとにあれよあれよと言う間に結婚したのです!)

そして、そこで驚愕の事実が!

なんと私、天中殺らしい、今年来年。

しかも運気は好調期で良いらしい。。。

なので動きたくなるのだけど、現状維持で。と言われてしまった。

天中殺って、竹の節の部分のようなもので、今までスーッと伸びていってたのが止まる時期らしい。

実は、今年新しい動きをしようと思ってたのだけど、それを聞いてすごく腑に落ちたので、アッサリそれは引っ込めましたー。

やろうと思っても前にグイグイ進む感じじゃなかったので、今はやめようと決めたらホッとしたのはやっぱり時期じゃなかったのかも。

そういう時は、勉強したり、リサーチしたり、貯める時期だと言われたので今年来年はそういう時にしようと思う。

そんなこんなで、今年の方針も決まったり、なんだか濃くて、ぎゅっと詰まったような時期だったのです。

それぞれのイベントでも、それぞれ色んな気づきや発見や、ぎゃっ!って事もあったのだけど、書けるかなあ。。。