Instagramインスタグラム

Instagramインスタグラム

8月4日のフラワーエッセンスとバイオダイナミクスのコラボセッション@トネリコは満員御礼で予約を締め切りました。ありがとうございました。

ウェブサイトの変更諸々に伴い、Instagramにナンディルームのサイトを作って、HPのいくつかの場所に埋め込んでいます。

トップページやブログから入れます。

名前はnandi.roomです。

日々の諸々をこちらにもアップして行きたいと思いますので、是非ともフォローや閲覧してみてくださいね。

よろしくお願いします。

ナンディルームのトップページ

ナンディルームのトップページ

今年の梅雨は、毎日じめじめムシムシ、晴れ間が少ないですね。

コロナウイルス感染者も増えてきていて心が晴れない方も多いのではないでしょうか?

そんな中ですが、ナンディルームのトップページがスマホにも対応するように変更になりました。

今のご時世スマホで検索する方が多いと思いますが、トップページの写真が小さくタップしにくかったり不自由をおかけしていましたが、重い腰をえいっと上げて、このHPを作ったわくちんにお願いして、見やすく操作しやすい画面に変化しています。

是非トップページ見てみてくださいね。

私が大切にしていることって。。。

私が大切にしていることって。。。

GAPウィークが終わりました。

先週木曜夜はGAPのイブニングクラス、そしてこの週末はGAPのティーチャーのクリスの2ディズでした。

気づきにたっぷりと時間と空間を与える美味しい時間。日々忙しいのですが、生きるということの質が変わります。

このブログではGAP(ゲシュタルトアウェアネスプラクティス)のことを書くことが多いのですが、うーんなんでだろう????日々個人セッションでやっているのは、バイオ(ダイナミクス・オステオパシー)が多いのですが。。

もしかしたら、個人セッションで起こることは、プライベートなことなので、99パーセント書けないことだからかもしれません。

でも、GAPとバイオ、私の中では一致しています。どちらも素晴らしい教えと、素晴らしい先生。

到底たどり着けない深さと大きさを持っているのですが、今回の2日間のクラスでも、そのエッセンスになんか本当に深すぎて、今までの自分がああ、、、未熟でわかってなかったな~~~!って思うことも多々あり。

でもそういう「アハ!」な瞬間がでも大好きなのです。

今回のタイトルは「一人でやっているのではない 〜大きなサポートに気づきを繋げる」

だったのですが、これがまさにバイオと同じ質と源だったのです。

サポートを待つのではなく、サポートの泉に自分が繋がりに行く。

そのサポートの泉に繋がってから、それが自分を通してサポートが必要な人に届くようにする。

それをクリスは温泉の源泉と湯船に例えました。自分が源泉になろうとするのではない、自分は湯船で、源からの癒しの力が自分を通して相手に流れ込むだけという風に。

自分が辛い状況に置かれているときは、サポートがまるでないように感じる。だから、大丈夫な時に、何度も何度も、私たちはサポートを思い出す練習をして、そのリソースに繋がり続ける。

これが自分のちからでやろうとすると、すぐに枯れてしまいそうに

実はサポートは、本当にたくさんあるのだけど、辛い状況にいるときは、それが感じられないし、感じられないから辛い状況だともいえるのかもしれません。

クリスの話は仏教的な理念にかなり近い気がいつもしてしまうのだけど、なぜこのプラクティスをするか?その動機が大事だといつもいいます。

私たちが今この瞬間と共にいて、十全に生き、苦しい時も楽しい時も、起きてくることに触れ続けることが出来るか?そして痛みを痛みとして受け止めて、それを見守っている「ただ見ている人の席」を育て成熟させていくことが出来るか?その実践を続けているのです。どこにも行かないということが、どこへでも行けるということにもなるために。

成熟化ってなかなか難しいですが、、、、一歩一歩そこに歩みを続けていきたい。

7月は週末に3日間のクラスがあります。濃いながらもよい時間になるはず!

ちなみに日本人スタッフがやった木曜のイブニングクラスも、初心者~ベテラン経験者までどなたも参加できる基礎のエッセンスがぎゅっと詰まったなかなかいいクラスでしたよ~~~。自分もクラスをリードするので、準備とかなかなかハードな一週間でしたが。。。夕方2時間ってのが、自分を取り戻すのにちょうどよいかなあ。

 

 

 

遠隔セッション特別価格は6月までです。

遠隔セッション特別価格は6月までです。

エソテリックヒーリングの遠隔セッションをコロナウイルスの外出自粛で受けに来れない方のために、特別価格(三回セット8千円)にて提供していましたが、緊急事態宣言も解除され町も通常モードに近づいてきたため6月いっぱいで終了したいと思います。

既にご予約いただいている方は、3回セッションが7月にまたいでも大丈夫です。

今後も通常価格にての提供は行います。

30分:5000円

3回セット:12000円
(2週間~1か月の間隔を目安にセッションを受けていただきます。回数を重ねることで効果が増します。)

今回何人かの方に行いましたが皆さん変化を実感できたようでなかなか好評でしたよ。

 

コロナウイルス感染防止対応のお知らせ(新規更新)

コロナウイルス感染防止対応のお知らせ(新規更新)

東京ほか7都府県でコロナウイルスによる緊急事態宣言が発令されましたね。

日々増える感染者を思うと、胸が締め付けられる思いです。

医療現場で頑張っているみなさん、そして現在感染の只中に居る方もおられると思います。

改めて、愛と感謝の呼吸をとどけます。

家庭の中でも高齢者やお子さん、そして疾患をお持ちの方や、家族の方も毎日のケアや、気遣い、そしてその状況が続く中での不安や心配もお察しします。

私も高齢者に関わるものとして、そして言っても聞いてくれない年頃の息子を持つ身として、同じ気持ちで足し算引き算を考える日々です。

ナンディルームは、こんな時だからこそ不安で体調を崩す方が居ることも踏まえて、通常通りの営業をしています。

コロナ対策としては、換気を強化すること、手洗いうがいはもちろん、リネン類の交換など当たり前の事をいつも以上に充分にします。

施術者の私もマスクを着用させて頂きますが、お互いの安心安全の為にクライアントさまにも可能な限りマスクの着用をお勧めします。

施術時は外して頂いても構いません。

なお、ハーブティの提供におきましては、コロナウイルス収まるまでの期間は紙カップにての提供にさせて頂きたいと思います。

手洗いタオルに関してもペーパータオルにさせて頂いています。

もしも、発熱や倦怠感、味覚嗅覚に異常がある方、風邪症状や呼吸器に異常がある方は、セッションをお控え下さい。

また前回のお知らせにも書きましたが、予約をキャンセルなさる方に関しても、コロナウイルスが収まるまでは、キャンセル料は取りませんのでご安心下さい。

来店するのが困難ではある方へは、遠隔セッションあります。

主にチャクラとエネルギーボディに働きかけます。

こちらも活用下さい。

私の学んでいるGAP(ゲシュタルトアウェアネスプラクティス)では大事にしている要素として、忍耐力、持久力、そしてユーモアを挙げています。

今の状況は、ハードですが、笑いや遊び心も忘れずに毎日を過ごしていきましょう!

また当たり前の日常が戻ってきて、皆さんとマスクなんかせずにお会いしたいですね。

からだの叡智

からだの叡智

コロナの感染者数が日々増加していって、ニュースを目にした瞬間に呼吸がグッと止まってしまう。

それに瞬間に気づいて、大きくため息をしています。一日何度も。。。。

きっとこれを読んでいる皆さんも、行動が制限され、仕事が制限され、そうでない人も逆に日常をそのまま送っててもよいのかと悶々としている事でしょう。

息が止まっているのに気づいたら、深呼吸しましょう~~。

先週はGAP(ゲシュタルトアウェアネスプラクティス)の在宅オンラインリトリートでした。

zoomというツールを使って、カリフォルニアのクリスと、アメリカでクリスと一緒に長く探求を行っている、ワシントンDCに住むシャロンさんと、そして日本のGAP経験者がそれぞれの場所で繋がりました。

今回のリトリートのメインのテーマは「グリーフ&ロス」。

それは1ディとも同じで、5日間かけてより深く探求していきました。

そして、オンラインでのオープンシートも!

今回はどうしてもオープンシートをやりたかったので、1番にやらせてもらいました。

ここ数年は、アシストするほうの立場だったので、オープンシートにはエントリーする機会がなかなか訪れませんんでした。

(*オープンシートとは?・・・・・グループの中でクリスのサポートを受け探求をする超貴重な時間です。

クリスの在り方がもろに響くグループの中でやる個人セッションのようなものです。)

今回は、一年ぶりのクリスのGAP、しかもこの一年の間に母の死や父の介護など、めまぐるしい日々の中で、自分と共にいるのがかなりハードだったこともあり、私は本当に飢えていました。

オープンシートで今回やったのは、自分のからだに今起こっていることに耳を傾け続けることでした。

いつも私はそうなのですが、今回は1分でそれが始まってしまった。

zoomオープンシートの一号だったので、対面との違いがまだ呑み込めず、一応感度を高めるためにイヤホンマイクを付けていたのですが、その長さの制限に耐えられず途中で外してしまった。(クリスは9分もったね、、、と笑ってましたが)

自分で自分を止めている、、、そのからだの制限に気づいて、それを開放していくワークは、自分自身の命の力が生き生きと蘇っていく感覚でした。

ねじ込められて圧縮されていた方向から、逆の方向に開いていくような。

45分、ただ自分のからだの感覚に任せて、動きや声を出しました。あっという間だったなー。

私の家って集合住宅だからもしかしたら、私のうめき声が外に聞こえていたかもしれないけど、その時はもうどうでもいいやって思ってました!(汗)

終わったあと、横隔膜や喉が解放された感覚があったのだけど、意外だったのは上顎や副鼻腔に大きな変化があったことでした。最後のほうに顔面を開放する動きが出て、呼吸や音がそのあたりに大きく入ってゆるんでいく感覚があったのが、「有機体としてのからだってすごい!からだはそれ自身がどう治っていくかを知っているなあ」とからだの叡智に改めて感動しました。

実は母が亡くなった1年前からくいしばりが始まって、毎朝自分のくいしばった顎の感覚で目覚めるようになってしまってました。

どうもすごく頑張っているらしい、、、。でもやめたくてもやめられない日々。

そしてついに一周忌でこの前実家に帰った時、歯が欠けてしまったのでした。

やばい、、、、末期症状だ。そしてその欠けた歯を治療し始めた2日後になんと追い打ちをかけるようにぎっくり腰になってしまったのでした。

ぎゃー、完全にいかれちゃってる私のからだ!

ぎっくり腰でちょっと動いても電気が走る自分のからだを自己治療しつつ、バイオの治療受けに行ったりしつつ、丁度タイムリーにクリスの在宅リトリートだったのでした。

在宅リトリート、、、、本当に癒しの時間でした。

丁度前半は息子もいなかったので、起きてのんびりして、9時からオンラインでみんなと繋がる。そして夕方には終わってのんびり散歩しながら今日一日を振り返る。

なんて贅沢な時間でしょう!

こんな風に自分自身のためだけに自分を生きる。そんな時間を長いこと持ってなかったなあ。と反省。

おかげで5日間ですっかりぎっくり腰も治りました!

くいしばりも、下顎にばかり気を取られてましたが、どうも上顎や顔面の緊張が関与していることが分かってきたし、オープンシートでかなり解放されてきたので、日々セルフケアをしています。

コロナのお休みは、経済的には厳しいけれど、自分の心身のチェックをするには良い期間かなとも思います。

コロナが終息して、また無事にみんなと顔を合わせて会いたいですね。

活動自粛でなかなか個人セッションに来たくても来れないかたもいると思いますが、「こういう時、どうしたらいいの?」っていう相談は受け付けているので(もちろん無料です)私に答えられる範囲になってしまうけど、メールくだされば、相談に乗ります。

映像で配信とかも、今後やれればいいなあとも思わなくはないけど、まだハードル高そう!

エソテリックヒーリングの遠隔セッションのなかなか良いので(こちらは有料ですが)来たいけど来れない、でも具合が悪い、、、って方はお試しくださいませ。

みなさん、どうぞご無事でゆっくりお過ごしください!