GAP秋のクリス来日終了しました

昨日精進湖のゲシュタルトアウェアネスプラクティス(GAP)スタディグループから戻りました。

今回もサポートのスタッフとして参加しました。

5泊6日のグループワーク+1泊2日の延泊でのワークもあったので、合計一週間の長丁場。

でも、本当に素晴らしい時間でした。

やはり宿泊でのワークは深まります。

5回のスタディグループの2回目は、オープンシートと呼ばれる自分の探求を、サークルのみんなのサポートを得て行うワークがメインでしたが、他にも、先祖のワークや誕生にまつわるワークなど、盛りだくさんで濃いワークがたっぷり。

私たちティーチングスタッフの担当の、7時からの朝のムーブメントや、サイレントウォークから始まり、夜のワークが終わるのは夜の22時過ぎという、相変わらずのすごいプログラムでしたが、気づきに時間と空間をたっぷり与えて、富士山に守られ、自然のリソース(資源)に栄養をたっぷりもらった、貴重で豊かな時間でした。

クリスが作り出す空間は本当に豊かで、深く、そして静かで満ちている。

最後に、木の実や草花などを拾って、それを先祖に捧げてから、精進湖に流しました。

GAPに出会ってから、12年が経ちましたが、学んでも学んでも飽きることない深さがこのワークにはあります。

なにをやるかではなく、気づきをどう使うか、私たちに与えられたこの貴重な人生をいかに充全に生きるか?をクリスは自身の実践で示してくれます。

このワークはグループでのプラクティス(実践)ですが、回を重ねるごとにそれぞれが輝きだし、クループ全体の信頼も深まって行くのが本当に面白い!

スタディグループは2期目ですが、また一回目と違ったフレーバーがあり、起きてくるプロセスも違って面白い!

GAP

私も沢山泣いて、笑って、どっぷり自分自身に向き合えました。

1週間も留守番してくれた受験生の息子にも感謝!です。

最後の試合

 

GAP(ゲシュタルトアウェアネスプラクティス)では、entering(なる・はいる)というプロセスがあります。

自分以外のものとして生きてみる、感じてみる、その席に座るということをGAPの探求では使います。

今日はいろんな席に座った一日でした。

息子が今日、部活を引退しました。

バスケットのインターハイの予選、多分今日は負けるだろう、負けたら引退だよね。と言っていて、でも今日はGAPのクラスがあるので、どう考えても観に行けなかったのですが、なんと今日のGAPのクラスが私が念じたわけでもないのに7月に延期になって、試合を観に行くことができました。

 

クラスがなくなったので午前中は、GAPのティーチングスタッフと会うため築地へ。

クラスをやるために借りていた場所を使って、ティーチングスタッフの4人で一人一人が探求をしました。

GAPのクラスをやるという立場になると、自分たちが自身の探求をする時間がなかなかとれずにいるので、相当貴重で有意義な時間でした。

GAPにそしてクリスに出会って、一緒に探求してきた日々が私に与えてくれたものは数知れず。

クリスが作る大きなフィールドの中で、私は生きる喜びや、生き物としての感覚や、自分や自分以外の生きとし生けるものに対する愛を知ったし、そのが私の人生を生きやすくしたのが分かるから、このワークを長年続けてこれたんだと思う。

自分の探求でその席に座ると、その感覚が簡単に蘇り、あっと言う間に体中を巡りました。

その生き生きした感覚。

広い広い空間。どんなに自分がのびのびしても大丈夫なくらいの。

 

私は自分が教えるのが向いているとか全然思わないし、人に伝えるということは、自分の苦手な「言葉」を積み重ねて、一歩一歩理解していく、ちまちました、全く持ってしちめんどくさい作業だな。。。。と思います。

私がもう一つ座った席は、この地道な席。からだも、その地味さに身が閉まる。。。

人に伝えるというとき、「言葉」だけでは足りないのだけど。

そして本当は言葉よりももっと大事なエッセンス、もっとシンプルな「生き生きした感覚」に出会うために、遠回りしなくちゃいけないというのは、私にとっては根気がいるしジレンマだし、苦手なことです。

でも全くやり方を知らない人に「飛んでみろ!」っていうような乱暴なことはしたくないので、今はきっと苦手なその地味でちまちましたことを、学んでいくときなのでしょう。。。

ここ数年、それをやっている気がします。。。。GAPでもバイオでも。

解剖学も、学ぶことで見えてくる景色にぐっと色と細密感が増したしね。

 

ところで、息子の試合!

午前中で、クラスミーティングを抜けさせてもらってダッシュで開催校へ!IMG_2575

相手が強豪だったこともあり、残念ながら負けてしまいました。

試合の観戦めっちゃ面白かったし、応援も選手もみんな輝いていた。

終わった瞬間に、息子も含め三年生がみんな泣いていて、ぐっと来てしまった。3年間朝練も夜練もやすまず、土日も長期の休みもほとんどの時間をコツコツと真面目に通ったバスケ部。

とびぬけて身体能力が高いわけでもないけれど、みんなとプレーするのが好きなのがよくわかった。

3年生はしばらく放心して座り込んでいたけれど、そのうち元気を取り戻してじゃれあってふざけ合っていた。

そんな姿を見て、また涙。。。

もっと沢山観に行ってあげて熱心なお母さんやってあげればよかったと思わなくはないけど、天から与えられたギフトのように、最後の試合を観れてよかった。

暑かった学校の体育館に長時間居たせいか頭痛を感じながら、この感覚って息子がソフトボールをやってたころ試合を観に行って長時間外にいたときの感覚だ!とそれさえも懐かしかったのでした。

 

 

 

 

 

 

4月23(日)GAP1ディのお知らせ

GAP(ゲシュタルトアウェアネスプラクティス)では、基礎クラスを月一で開催しています。

GAPはプラクティスであり、セラピーではない。

そこがこのワークのキーです。

じゃあ、何をするの?って思うかもしれませんが、それは、この人生を通しての問いかけのようなものです。

GAPに出会ったとき、これは一生を通じて学んでいくことだなあと思ったのです。

分析も、判断も、解釈もせずに人といれるか?そして自分といれるか?

自分に起きていくこと、周りに起きてくることと、どう共にいるか?その在り方を学んでいく、この1ディでは、その基礎を一緒に探求していきます。

今回のテーマはGAPの三宝(気づき、選択、信頼)のうちの「信頼」です。

プロセスに従う、邪魔しないとはどういうことか?を体験を通して学んでいきます。

お申し込みはオープンセンスのHPからになります。

ぜひ一緒に探求しましょう!

4月23(日)10時~17:30分

場所都内

詳しくは上記のHPをご覧ください。

GAPに出会ったきっかけ

GAPに出会ったきっかけなどを更新しています↓

ー 自分自身と相手の両方を感じることを学ぶことが、
「お互いの間にスペースを作る」ということに役立っていると思います ー
•GAPと出会ったきっかけ

エサレンマッサージの資格を取った年の夏に女神山のビギナークラスで。初めてクリスと輪を囲んだ時に「自分を変えようとするよりも、自分と仲良くなる」というのを聞いて、今まで自分をよくしよう、優しくなろう、自分じゃないものになろうとして頑張っていたことに気づいた。

続きはオープンセンスのHPから見れます。是非読んでみてください。

昨日のGAPベーシッククラス

昨日はGAP(ゲシュタルトアウェアネスプラクティス)のベーシッククラスでした。

テーマは選択。

繰り返しによる問いかけでは、「今までした良い選択」と「後悔している選択」を探求しました。

良い選択は、なんといっても息子を産んだこと。

予想外の妊娠で、しかもインドで発覚したので、「一人で育てるのか・・・」と当時かなり悩みました。

でも、産んで本当によかった。

子供を持つことで、私がどれだけ育てられたか!そして愛をたくさんもらったか!

これは、息子からだけではなく、周りの人がどれだけ自分をサポートしてくれたかということも含んでいますが。

後悔した選択のほうは、最初あまり浮かびませんでした。

*母は台湾で生まれ育って戦後引き揚げてきたのですが、死ぬ前に台湾に行きたいという母親を台湾に連れて行ってあげれなかったこと。(まだ生きていますが、病気のため、海外は絶対無理なので・・)

*息子の保育園の運動会に、ワークショップに参加するから行かなかったこと(友達にいってもらった)

私が運動会に行かなかったのは1回だけなのに、息子の中では「何度も来なかった」ということになっているから、よっぽど寂しかったのだと思う。。。

上記2つは、申し訳ないとは思ってるけど、後悔してるかというとそうじゃない。

望みを叶えてあげれなくてごめんね。と言う感じ。

でも、みんなのシェアを聞いていたときに、私が後悔するパターンがはたと思い浮かびました。

人から言われたり頼まれたりしたことで、「NO]と言えない時があって、NOと言えなかったことで、後々めんどくさいことになったり、嫌な思いをしたことが何度かあります。

そのNOを言えなかったことは後悔していることだなあと。

なんでNOが言えなかったかというと、相手の気を悪くさせるんじゃないかとか、傷つけてしまうんじゃないかということをおもんばかっての選択なのですが、自分は本当は嫌だということが分かっているので、結局遠回りをして断ったり、NOって言えないことで、段々相手に対する怒りがわいてきたりとロクなことがない。。。

結局最初にNOって言っておいた方が、傷は浅く済むのにそれが言えない自分がいる。

そのことに、気づきました。

あと、ほんとにYESかNOかを吟味せずに、いいよ。って言ってしまっているとこもあるなあと。

選択を迫られたとき、呼吸をして自分自身を感じてから答えよう。

反応する前に、言葉と言葉の間に時間と空間を与えよう。

役に立つなあ、GAP!!

 

 

 

 

GAPベーシックプログラム3:11

 3月になりました。

もう今週末になってしまいましたが、GAP(ゲシュタルトアウェアネスプラクティス)基礎プログラムがスタートします。

自分自身を感じる充分なスペースをとって、いつもは感じる機会がなかった自分のパターンやクセにも気づいていきます。

初めての方も参加できますので、この機会にぜひ。

お申し込みはオープンセンスのHPからになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

WS詳細  GAP  ベーシック・プログラム

・・・・・・・・・・
私にとって、ゲシュタルト・プラクティスの三宝が
「気づき、選択、信頼」です。

気づきとは、体験に触れる能力。
選択とは、可能性と責任(対応能力)の認識。
信頼とは、より大きな場とのかかわりの中における自己制御の力です。

自分が体験に触れる能力を実行し、
そして選択する能力を実行するという前提で、
自分の自己制御の力を信頼するのです。

その信頼を発見すればするほど、
【映し出してくれる】人を
必要とすることが少なくなるのです。ーディック・プライス
・・・・・・・・・

来月のベーシック・プログラムでは、
この三宝のとくに「選択」をテーマにワークを行っていきます。

私たちの人生で、何かの選択をせまられるときがあります。
あとになって良い選択ができたと思うときもあれば、
後に後悔するような間違った選択をしてしまうときもあります。
その違いには、どのような要素があるのでしょうか?
自分のパターンとなっていることはあるのでしょうか?

今回の1日のワークでは、GAPのエッセンシャル・プラクティスや
問いかけなどのワーク、対話などを使って、
私たちの選択には何が関わっているのか、ということも一緒に見ていきます。

 

日時:2017/3/11 (土) 10:00-17:30

会場:東京都台東区秋葉原周辺(お申し込みの方にお知らせします)

参加費:

早割 2/18  (土) まで早割:9,720円(税込)

通常:  10,800円(税込)

*過去3ヶ月以内のSTクラスにご参加の方:8,640 円(税込)

*対象:
どなたでもご参加できます。とくに、心理カウンセラー、セラピスト、ボディワーカー、対人支援、医療や介護に携わる方にもオススメです。
*単位:
このクラスは、講師クリスティン・プライスから10年以上にわたり学んできたティーチング・スタッフが行い、GAPの基礎を学び実践するためのクラスです。毎月クリスによるスーパーバイズを受け続けています。
このクラスの受講は、クリスティン・プライスによってドリームワーク、GAP中級コースやプラクティカムへの参加資格を得る単位として認められます。

問い合わせ:ws-reg@opensense.jp
(2−3日経っても、折り返しのメールがない場合には、メールの不具合の可能性もありますので,、お手数ですが改めてご連絡下さい)

●内容

ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス(GAP)は「いま・ここにいる」 ことに注意を向けて、自分自身の深い探求や発見、成長を促すものです。
GAPに初めて触れる方にも、また、セルフケアや他者のサポートにGAPを活用していきたい心理、対人援助に関わる方やボディワーカーの方にもとくにおすすめです。

・GAPの基本理論
・ベーシックプラクティス
・気づきのコンティニュアム
・自分の席に座るなど含む
・エッセンシャルプラクティス
・気づきの領域
・GAPの4つの表現
・からだに気づくワーク
・ペアエクササイズやグループシェア
ほか

※内容はクリスティン・プライスのスーパーバイスを受けて構成されます 。
また、講義では、クリスによるワークショップでのレクチャーのビデオも含める場合があります。

※2016年以降にクリスティン・プライスが講師を務めるワークショップの参加条件単位に認定されます。

※このワークはセラピーではありません。GAPを使って、お互いの探求や実践をサポートしあう場です。その結果、何かのシフトを実感される方もいます。ティーチング・スタッフは、GAPによる探求の方法を提示し、理論・エクササイズの説明、デモンストレーションなどを行い、その探求の場をサポートします(エサレン研究所も含めて40年以上、このワークを教え実践し続けている講師クリスティン・プライスのスーパーバイズを受けて構成されています)

こんな方へ

・日常にGAPを生かしていきたいけど、なかなか難しい
・一人でなく、誰かと一緒なら続けられそうな気がする
・GAPに興味はあるけれどもまだ体験したことがない
・GAPの基礎を繰り返し実践し自分のものにしたい
・医療、福祉、ボディワークや心理の対人援助職の方で、日常の仕事にも生かしたい