バイオダイナミクス

健全を探しなさい。病気は誰にでも見つけられます。

という言葉は、オステオパシーの創始者ATスティルの有名な一節ですが、バイオダイナミクスでは、病気ではなく健全を見るということをとても大切にしています。

私の両親は福岡に住んでいて、母は呼吸器の難病で24時間酸素を付けています。

父が介護をしているのですが、その父が体調が悪くご飯を食べれないというのでせっせと遠隔ヒーリングをしていました。。。。が、はっと気づくと私は病気を探していました。

弱っていく父をなんとか元気にしようと、胃かな?膵臓かな?いやそれともバイタリティの脾臓か?などと、病変のある個所を必死に探していた自分の間違いにあるとき気づいて(それは稲妻のように降ってきました)それがあることで、やっとその自分のやりかたを止めることができました。

 

病気ではなく、健全を探す。

その人の中の、すでに治療が始まっているところに参加する。

トム(バイオの先生)が何度も繰り返し伝えてくれていることです。

でも私たちは、いつも悪いところや病気を探そうとしてしまいがちです。

バイオダイナミクスは、創始者のジムジェラスが「真のオステオパシーの復活」と呼んだ治療です。

私はバイオに出会ってもう10年くらいになるのだけど、未だに魅力にあふれ、その深遠な世界感は私を魅了し続けています。

何年もその施術をセッションで実践してきていますが、今一つよくわからずつながらなかった点と点が、ここ最近繋がってきて面白い体験を色々しています。

エソテリックヒーリングも「オーラが見えるんですか?」とかよく聞かれますが、始めた当初は何にもわからないし、見えないし、手にも全く何も感じられなかった。

トムがよく「手が知っている」といいますが、その両手の間にあるもの、組織であれ、エネルギーであれ、それを実感を持って感じ、そしてそれが変化していくところまで追えるようになってきたのはわりと最近です。

一旦それが分かり始めると、前よりももっとセッションが楽しく、豊かになってきました。

私たちは、感じていることを常にその思考で曇らせているのだなあというのもよおくわかってきました。

多分子供の頃には自然とできていたことを、私たちは大人になって再び学びなおさなければいけないのかもしれません。

やれやれですが、楽しい学びです。

 

 

 

11月はエソテリックヒーリング月間です。スペシャル・プライス!

今日から11月ですね。

長雨も終わり、秋晴れの素敵な陽気になってきました。

昨日閃いたので、勝手ながら今月を「エソテリックヒーリング月間」にします。

、二か月に一度勉強会があり先週も参加してきました。

最近の勉強会のブームは真ん中に一人もしくは二人の人が入り、全員でヒーリングをして、最後に、何が起こったか?どんな体験だったか?を全員が話すというもの。

エソテリックヒーリングはグループでのワークだなあと思うのは、ヒーリングをしたほうの私が、帰るときハートが開いて、ぴかぴかに光っていることに気づいたから。

やっぱりエソって良いのです。

ハートと魂と繋がって、必要なヒーリングが起こるのに任せる。

やってるほうの私はだたどれくらいお任せできるか?起こることに開いていられるか?が大事なのです。

人は、無意識に自分の考えや判断が入ってしまうものだから。

11月はエソテリックヒーリング通常5千円→3千円にします。

他のセッションにプラスする場合も+2千円→千円の半額にします。

今まで体験したことがある人もない人も、是非この機会に体験しに来てください。

*エソテリックヒーリングのみの特別価格です(11月末までにご予約の方のみ)

ご予約はお問い合わせ・予約フォームより承ります

 

昨日のエソ体験

昨日は、定期的に参加しているエソテリックヒーリングの勉強会でした。

たいていは瞑想して二人組でエソテリックのセッションをするのですが、昨日はずっとグループワークをしていました。

一人の人が真ん中に入って、その周りをみんなで囲み、ハートで繋がって、グループソウル、そして上と繋がってヒーリングをするのです。

終わった後に、それぞれどんな体験だったかを話すのですが、その答え合わせ的なものも面白かったです。

エソテリックヒーリングでは、魂の計画に基づいたヒーリングが起こるのですが、まさにそんな感じで、それぞれに起こった体験も驚くほど一致していました。

緑いろの光を感じたとか、暖かい熱が起こったとか、ハートから泡のようなものがはじけたとか、エネルギーが上にどんどん上がっていったとか。

私たちは時に、体験を小さいものにしたりなかったことにしがちですが、そのコントロールを手放すというのがキーだなあと思います。

体験に開いて、それをジャッジしない。

これは今感じるべきではないとか、もっとここを治療しようとか。

そういった意図を手放し、ヒーリングが起こるに任せる。

そしてそれを何度も自分に赦す。

それはそれは大きな学びと収穫でした。

私も最後に真ん中でヒーリングを受けました。

座ってすぐに下から持ち上げられ、熱と共に上にどんどん上がっていきました。

上にいるのはすごくいい気持でした。

最後のほうで、尾骨が超痛くなり、地上に戻ってきた感じでした。

みんなの体験を聞くと、自分の道を進む私のパターンが見えて、最後に私の尾骨が痛くなったあたりで手がしびれたって人がいたり。。。面白かったです。

他にも天使や(私の大好きな)ウシが出てきたリ、温泉に浸かってるようだったとか、熱で癒されたとか、雲の上に上がっていったとか、馬が出てきたとか・・・・???

大好きなものたちが沢山ヒーリングの助けに来てくれて、なんだか幸せな気分になりました。

自分がたくさんのサポートに囲まれていることを実感できました。

自分がヒーリングを受けているのだけれど、やってる側もヒーリングを受けているというのもよくわかりました。

相互にwin-win のヒーリング。

エソテリックヒーリングヒーリングはグループでのヒーリングとも言います。

自分が体験した癒しが、自分の枠を超えて、誰かの元に届きますように!

 

 

エソテリックヒーリングのアドバンスクラス

8月3~5日まで京都でピーターのアドバンスクラスでした。

京都のクラス、暑かったけれど楽しかったです。

ピーターのエソテリックは、1年ぶり二回目です。

色々興味深い体験をしましたが、内側のプロセスとして大きかったのは「赦し」のワークでした。

1日目に、ペアで組んでセッションを受けていた時に、ハートのあたりが超痛くなって、胸を閉じたくなる、内側に折り込んでしまいたくなる感じで、それが未完了のこととして残っていました。

2日目のテーマはに「赦し」。その説明で、幼少期に自分が周りの環境の中で作ってしまったパターンやプログラミングを開放する、それには、パターンを作った自分自身と、その環境(作った原因の人、親や兄弟、教師など人によってそれは様々)の2つの方向でその両方を赦すいう話がありました。

赦すということは、自分に責任を引き受けるという事、そしてエネルギーを取り戻すということ。

この話を聞いたときすぐ、初日の胸の痛みが思い起こされました。

私には、人に恐れを抱いていたり、信頼しきれないところがあったり、攻撃されたりすることから身を守りたくなるところがある。相手がそうでなくても無意識に身構えてしまうところがあるのです。

本能的な防御にも似た感覚かもしれませんが。

それが、幼少期に身を守るために身に着けたパターンやプログラミングであるな。ということがぴんと来ました。そしてそれが癒される時がきたんだなと。

その赦しのエソテリックのワークを受けながら、自分が安心してハートを開いたときに、愛のエネルギーが降り注ぐのを感じました。

それは本当に素晴らしいヒーリングでした。

その取り戻したエネルギーを「魂の計画に基づいた道に使う」とエソ的にはいいます。

今回のクラスを通じて、パーソナリティと魂の質感やフレーバーの違いがより分かった気がします。

エソテリックヒーリング、益々面白くなってきました。

ごちそうになった京都いち上手いというつけ麺も超美味でした~。

エソテリックヒーリング

エソテリックヒーリングスタディグループ

週末は、トムのエソテリックヒーリングのワークショップでした。

これは、1とか2とかのコースではなく一定のクラスを受講した人たちでのグループで、去年のグループが

すごくいい感じだったので、今年も同じ場所で開催してもらえて参加できて幸せでした。

今回も少人数で、丸く輪になってやるせいかバイオとはまた違ったアットホームな感があり、リラックスムードで進んで行きました。

今回は、トムのエソテリックを受けてみたいと思っていたので、デモのチャンスがあったら受けたいとお願いしました。

トムのエソ・・・・・すごかった。

私はエソテリック受けていて痛みとかをよく感じるのだけど、トムのは全然そんな感じではなく、繋がって的確にどんどん開いていく、でもどこまでも柔らかく優しい。

めっちゃ勉強になったし、健康になりました!

働きかけられたのは、主にハート、喉、頭でしたが、喉チャクラは一番気になるとこだったのでたくさんワークしてもらえて嬉しかったです。

ずっと左の胸の下のところが呼吸するとき引っかかるようで息が吸いづらいのを感じてたのですが、ワークしてもらった夜、寝る前に胸に手を当てて呼吸を感じていたら引っかかる場所がなくなっていて、呼吸がすーっと通っていました。

頭部のワークも面白かったけど、脾臓へのワークはすごく面白かったし、早速役立ちそうです!

今回のエソでトムの来日ワークは終わりです。

バイオ1→トラウマクラス→エソテリックと受けてきて、今年はハートを開くことをたくさん学んでやっとそれを信頼できるようになった気がします。

いつもの年以上に収穫が多かった気がします。貴重で素晴らしい時間に感謝です!

夜のセッション枠を増やしました

今まで、10時~、13時~、16時~の1日3セッションしかしてなかったのですが、夜枠のリクエストもあり、

18時半~の夜のセッション枠を六月からスタートすることになりました。

自宅でセッションしていた頃は、子供の帰る時間に合わせて夕方までにしていたのですが、今はスタジオを構えたし夜もセッション出来るのに、希望があればやるもののはっきり枠は作ってなかったのです。

そのことに急にはっと気づいた昨日・・・・。

気づきは即実行ということで、予約カレンダーのほうに枠を追加しています。

一応暫定的に18時半~にしていますが、時間の調整可能ですので仕事帰りなどにどうぞお越しください。