子供のバイオダイナミクスモデルクライアント募集のお知らせ

私が長年学んでいるバイオダイナミクスの「子供のためのバイオダイナミクス」のセミナーが1月にあります。

今回は子供の治療に特化したセミナーで、期間中の1日は実際にお子さん達に施術をします。

今回はその子供さんのモデルを募集しています。(無料)
必ず最後に講師のトムの施術チェックが入るので、かなり貴重な機会です。

障害、病気の子だけでなく、健康な子でも、出生児のトラウマ、怪我などが成長に及ぼす影響を幼少時に治療することは、その後の生育にとても役に立ちます。
もしお子さんののお知り合いがいれば、声かけしてもらえると助かります。

私は後半のクラスに参加しています。

申し込みは紹介者を書かないといけないので、私の名前を書いて下さい。

私の直接の知り合いでない場合は、ナンディのメールフォームに一報頂けると助かります。
対象は0~10歳までですが、多少の融通は効くと思われるのでお問い合わせください。
オステオパシーは、子供からお年寄りまで安心して受けていただける、ソフトで安全な治療です。

病気や障害があるなしに関わらず、どんなお子さんにもそれなりに必要だと思いますので、この機会に是非施術を受けにいらしてください。

当日は受講生が施術しますが、必ず講師がチェックします。

講師のトム・シェイバーは、バイオダイナミクスを長年にわたり教えている、熟練のオステオパスです。
因みに私は後半の川崎のクラスのほうに参加しています。
お申し込みはこちらのHPからお願いします。
インターナショナル・オステオパシック・インスティチュード オブ・ジャパンhttps://www.ioijp.com/schedule.html

講師トム・シェアイバー略歴

Dr.シェイヴァーは1981年から1996年までウエストバージニア・オステオパシー医科大学でオステオパシー手技療法の学部長を16年間務めており、辞める直前の1996年には全米オステオパシー医科生徒の投票でNo.1教授に選ばれ、その後フリーとなりました。現在は主にヨーロッパ諸国、日本、アメリカで教えながら一般クリニック・病院からは独立した、オステオパシー手技のみの個人診療を行っています。

彼が医大に在籍中に多くの教育プログラムを組んだ経験を生かし、一番力を入れているのがバイオダイナミクスを通しての真のオステオパシーの復活です。毎年30以上のコースを世界各地で教えています。
*オステオパシーって?
人間が本来持つ、自然治癒力を十分に働かせ(働かせる環境を整え)、身体が本来持つ機能性を取戻し、健康に導く医学です。
具体的にいうと、脊椎、骨盤の歪みや関節の可動性の低下、筋肉、筋膜、靭帯などの緊張や弛緩、血液、リンパ、神経の流れなどを手技により改善し、その人が本来持つ身体の機能を回復させて、自然治癒力を発揮しやすい状態に持って行き、健康へ導く事がオステオパシーです。
さらにオステオパシーで特徴的なのがオステオパシーは症状や病変がなぜそのように起こっているのか原因を考え、施術(治療)を行っていくことです。
身体全体のつながりを考えて、症状に対してなぜそれが起こっているのか、どういうメカニズムで起こっているのか基礎医学的理論やオステオパシー的な理論で考えて行われています

瞑想が好きになった!

先日インドの聖者パパジ(故人)のお弟子さんのイタリア人女性の瞑想ワークショップに参加してきました。

彼女の名前は、ニーラジャ。

パパジと長く共同生活をしながら、瞑想を学んだそうです。

イタリアのオステオパス、パブロ.トッティーのお勧めで今回初来日しました。

イタリア人らしく、陽気でよく笑い、でもピリッと本質に食い込む素敵な人でした。

若い頃は瞑想の良さがわかりませんでした。

インド仲間や周りの人がヴィッパサナ(小乗 仏教の瞑想コース、各地にセンターがある)に行って瞑想の良さを語っても、私は瞑想しても眠くなっちゃうだけでした。

それより、ダンスやムーブメントでからだを動かしたりゆるめたりしていく中で、自分の中が静寂になる、その方が好きだなあと思ってました。

でも今回3日かけて瞑想を学んで、思考のざわめきに改めて向き合ったことで、自分が静けさをどれだけ渇望していたのかに気づいたし、これはこれからの人生にも、施術にも深く繋がる、一生続けられるものだと実感しています。

毎日朝夕20分づつの瞑想の時間がとてもありがたく貴重な時間です。

来年はイタリア瞑想ツアーに行ってしまうかも。。。ふふ。

写真はニーラジャと私。なんか顔似てる気が。。。

100才のひと。

私のもう一つの仕事場で100歳のおばあちゃんが亡くなった。

脳幹出血、100歳でした。

その日の昼間も中庭で一緒に洗濯物を干し、植木鉢の中に雑草を見つけると即座に抜き始め、出てきた新芽に「元気に育てよ!」って声をかけていたのに。

終戦の日が誕生日で、100歳のお誕生日の日には、息子さんと職員とお祝いして歌って踊った。

職員のほうが張り切ってしまって、1か月くらい前からこっそり手作りお祝いグッズを準備していた。

感情が豊かで、お祝いの花を見ては泣き、手作りの久寿玉や旗を見ては泣き、炭坑節を調子っぱずれに歌っていた。

トイレの介助をしても、洗濯をしても、食事が運ばれてきても、いつも「ありがとよ」と必ず言ってくれた。

若いころからお蚕をやり、機織りをし、畑仕事をして、うどん打ちが得意で、地域の婦人会のリーダーだったらしい。

関東大震災も経験していた。5歳くらいだったらしいがおばあさんに言われて大柱に捕まっていたって言っていた。

ご主人はいい男だったが大酒のみだったらしいが、その話を聞いたことはない。

一度粗相をしたことがあって、「死んだ方がましだ」をウォーウォーと大泣きしていた。

新しい利用者さんがくると、「茶だしてやんな」と仕切っていた。

手作業で色塗りをやってもらうとすごい集中力で、色合わせを考えつつ、素敵なセンスで塗っていた。

一日に何度も、帰るとか、菜っぱ取ってくるとか、雨が止んだから峠越えるとか、風呂沸かしてくるとか言い出し、私たちを困らせた。

普通に別れたその日の夜中に、あっという間に逝ってしまった。

もうあの笑顔を、優しさや、明るさや、ちょっぴりエロくて、ユーモアに富んでいて、そんなおばあちゃんに会えないことがとても寂しい。

彼女がいた部屋の窓から見えるところに湧水があってそこには大きな木があって、車いすにのって窓から外を眺めていた。

亡くなった後、荷物が片づけられたその場所に立つと、下では子供達が遊んでいて、木が風にそよそよと揺れていた。

その風の中に彼女がいる気がした。

青い空の下、軽やかに優しく風に乗ってそよいでいる。

ああ、全てのものは一つなんだなってことが少しだけわかった気がする。

誰もかれもが、すべての生きとし生けるものが、宇宙の一つの現れなんだな。

お別れはないんだな。

この雨だれの一つ一つ粒の中に彼女がいる。

昨日はお通夜で、棺の中の彼女はまるで生きていた時とおんなじ顔で、まるでただ眠っているだけのようだった。

ありがとう。

ありがとう。

ありがとう。

いつも私たちに言ってくれたように空に向かって言ってみた。

 

 

 

バイオダイナミクス

健全を探しなさい。病気は誰にでも見つけられます。

という言葉は、オステオパシーの創始者ATスティルの有名な一節ですが、バイオダイナミクスでは、病気ではなく健全を見るということをとても大切にしています。

私の両親は福岡に住んでいて、母は呼吸器の難病で24時間酸素を付けています。

父が介護をしているのですが、その父が体調が悪くご飯を食べれないというのでせっせと遠隔ヒーリングをしていました。。。。が、はっと気づくと私は病気を探していました。

弱っていく父をなんとか元気にしようと、胃かな?膵臓かな?いやそれともバイタリティの脾臓か?などと、病変のある個所を必死に探していた自分の間違いにあるとき気づいて(それは稲妻のように降ってきました)それがあることで、やっとその自分のやりかたを止めることができました。

 

病気ではなく、健全を探す。

その人の中の、すでに治療が始まっているところに参加する。

トム(バイオの先生)が何度も繰り返し伝えてくれていることです。

でも私たちは、いつも悪いところや病気を探そうとしてしまいがちです。

バイオダイナミクスは、創始者のジムジェラスが「真のオステオパシーの復活」と呼んだ治療です。

私はバイオに出会ってもう10年くらいになるのだけど、未だに魅力にあふれ、その深遠な世界感は私を魅了し続けています。

何年もその施術をセッションで実践してきていますが、今一つよくわからずつながらなかった点と点が、ここ最近繋がってきて面白い体験を色々しています。

エソテリックヒーリングも「オーラが見えるんですか?」とかよく聞かれますが、始めた当初は何にもわからないし、見えないし、手にも全く何も感じられなかった。

トムがよく「手が知っている」といいますが、その両手の間にあるもの、組織であれ、エネルギーであれ、それを実感を持って感じ、そしてそれが変化していくところまで追えるようになってきたのはわりと最近です。

一旦それが分かり始めると、前よりももっとセッションが楽しく、豊かになってきました。

私たちは、感じていることを常にその思考で曇らせているのだなあというのもよおくわかってきました。

多分子供の頃には自然とできていたことを、私たちは大人になって再び学びなおさなければいけないのかもしれません。

やれやれですが、楽しい学びです。

 

 

 

11月はエソテリックヒーリング月間です。スペシャル・プライス!

今日から11月ですね。

長雨も終わり、秋晴れの素敵な陽気になってきました。

昨日閃いたので、勝手ながら今月を「エソテリックヒーリング月間」にします。

、二か月に一度勉強会があり先週も参加してきました。

最近の勉強会のブームは真ん中に一人もしくは二人の人が入り、全員でヒーリングをして、最後に、何が起こったか?どんな体験だったか?を全員が話すというもの。

エソテリックヒーリングはグループでのワークだなあと思うのは、ヒーリングをしたほうの私が、帰るときハートが開いて、ぴかぴかに光っていることに気づいたから。

やっぱりエソって良いのです。

ハートと魂と繋がって、必要なヒーリングが起こるのに任せる。

やってるほうの私はだたどれくらいお任せできるか?起こることに開いていられるか?が大事なのです。

人は、無意識に自分の考えや判断が入ってしまうものだから。

11月はエソテリックヒーリング通常5千円→3千円にします。

他のセッションにプラスする場合も+2千円→千円の半額にします。

今まで体験したことがある人もない人も、是非この機会に体験しに来てください。

*エソテリックヒーリングのみの特別価格です(11月末までにご予約の方のみ)

ご予約はお問い合わせ・予約フォームより承ります

 

台風の中の占星術ワークショップ

台風接近中の中、環さんの占星術ワークショップは好評のうちに終了しました。

基本の12星座のお話から、個人の鑑定まで。

全員を知っている私としては、それぞれの人のチャートが面白く、こう来たか!というそのチャートにちりばめられた意外性に驚きつつも、その人自身を確かに表していることに新鮮な驚きを感じました。

それぞれのチャートを読み解く前に、基本の12星座の話が聞けたのも良かったです。

12星座、今までふたご座とか、うお座とか、あんまり馴染みがなかった星座についても理解が深まりました。

そういえば、先日のGAPのクリス来日プログラムのスタデイーグループの後、クリスとティーチングメンバーとスタッフでコテージに延泊した時に、バーベキューをしながら占星術の話になり、なぜかクリスが全員のチャートを読み解くということに…..。

それぞれみんな個性的なチャートでした。

メンバーの星が、部屋の中にどうちりばめられているかがその人らしくって面白かった!

私はクリスに「これからの人生フェミニンに生きるのよ。スカートを履くといいわ。」というアドバイスをもらっちゃいました。

まだ全然フェミニンではないですが。。

環さん個人セッションもしてます。興味のあるかたは、一度鑑定を受けて見られることをお勧めします~~。

環さんのブログはこちら